元巨人投手・桑田真澄氏の次男でモデルMatt(24歳)が、6月23日に放送されたバラエティ番組「ニノさん【今からオフです。】」(日本テレビ系)に出演。少年野球をやっていた当時、坊主頭だったことなどを明かした。

番組はこの日、Mattが“休みのときに何をしているのか”に迫るべく、プライベートに密着。ネイルサロンで施術を受けている際に、過去の野球エピソードを語り始めた。

野球は「12歳。小学校6年生のとき」までやっていたというMatt。卒業するときに「やっと辞めれるときが来た〜。やっとこの坊主をしなくて良いんだ、と思って。もうツルツルのお坊さんなってて」と、現在の容姿からは想像ができない野球少年だったという。

また、父・桑田真澄氏とは「ケンカもしないし、怒られもしない」そうで、「でも、結構人生の話、将来の話とかは凄いします」とのこと。「寝る前とかもお父さんの部屋行って真剣な話をしたりとか、全然します」と、父子の関係はとても良好のようだ。

ちなみに、Mattの感覚では「どちらかというとスッピンのほうが、(父とは)真剣に話せるかも」。「スッピンは桑田将司に戻っちゃうので、Mattじゃなくなっちゃう」と、オン/オフがハッキリしていると語るMattだが、そんな息子に父は「あれ、マットってどっちだっけ」と変な感覚に陥ることがあるそうだ。