若手主体で参戦の日本、他国代表監督から批判の声 ゴメス監督がそうした風潮に持論

 FIFAランキング60位のエクアドル代表は、現地時間24日のコパ・アメリカ南米選手権グループリーグ第3戦で同28位の日本代表と対戦する(エスタジオ・ミネイロン/現地20時・日本時間25日8時)。前日会見に出席したエルナン・ダリオゴメス監督は、大会参戦で日本が批判を浴びている風潮に対して「南米のチームが、このようなチームを下に扱うことはできない」と異議を唱えている。

 今大会の日本代表は、選手の拘束力がなく、所属クラブに派遣義務がないため主力を招集できず、東京五輪世代の若手を中心にメンバーを編成。しかし、そうした若手主体のチーム構成がやり玉に挙がり、パラグアイやベネズエラ代表監督などから批判の声が上がっていた。エクアドル戦の前日会見で森保一監督は「拘束力がなく、(クラブに)招集義務がない。打診はしたが叶わなかった」と改めて説明している。

 エクアドルゴメス監督は若手主体の日本代表について「場面によって非常に強力なウルグアイを凌駕していた」と称賛し、大会参戦で批判が渦巻くなかで「南米のチームが、このようなチームを下に扱うことはできない」と口にしている。

「日本は初戦(チリ戦0-4)で悪かった。ただそれが本当の日本ではない。我々も実際、第1試合は惨敗している。カタールもしかりで、コロンビアを苦戦させ、パラグアイとドロー。アルゼンチンと拮抗した試合を見せた。サッカーでは大陸同士の差はそう大きくない」

 招待国としてコパ・アメリカに参戦している日本やカタールへの風当たりが強いなか、ゴメス監督はそうした批判の声に異議を唱えるように持論を展開していた。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

エクアドルのゴメス監督【写真:Football ZONE web】