今年4月よりTBSにて放送されている日曜劇場「集団左遷!!」のDVDBlu-ray2019年10月25日(金)に
リリースすることが決定した。
50歳を目前にして廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山雅治)と、リストラ寸前の銀行員たちが協力して大逆転に挑むサラリーマンの悲哀と笑いが巻き起こす下克上を描く。

※デザインは予定で、予告なく変更となる場合があります。
第1章「蒲田編」
「ノルマを達成しなければみんなクビ!僕もクビ!」
窮地に立たされた銀行員たちが巨大組織の理不尽に立ち向かう
「銀行」という一見張り詰めた緊張感がある世界を舞台に、第1章「蒲田編」では、廃店候補の蒲田支店の支店長となった片岡が、仲間たちと巨大組織の理不尽に立ち向かう。
スーパーマンではなく「普通」のサラリーマン・片岡とそこに生きる人間をコミカルかつユーモラスに、そして時にエネルギッシュに表現している。


■第2章「本部
上層部の悪事を暴け! 第2章~本部編~物語の舞台が本部に変わり、新たな下克上に挑む片岡たち!
本部vs支店という構図で描かれた第1章「蒲田編」では、片岡たちの頑張りも虚しく、残念ながら蒲田支店は廃店となってしまった。そして本部の融資部へ異動となった片岡を待ち受けていたのは、さらなる巨大な試練だった。
専務に出世した横山輝生(三上博史)とのバトルが、三友銀行全体を巻き込んだ大スキャンダルへと発展していく——。 第2章で繰り広げられる、片岡と横山の直接対決。銀行本部を舞台にした、“互いの正義を懸けた手に汗握る心理戦”から目が離せない。

福山雅治はじめ、香川照之、個性溢れる俳優陣が集結!
主演の片岡を演じたのは、2016年放送の「ラヴソング」(フジテレビ)以来3年ぶりの連続ドラマ出演となる福山雅治。 そして脇を固めるのは、『龍馬伝』以来9年ぶりの共演となった香川照之、片岡の部下役に神木隆之介、中村アン、井之脇海、また片岡の上司にあたる幹部役には市村正親、三上博史と個性豊かな実力派俳優陣が集結。福山演じる片岡と豪華俳優陣の競演は必見だ。

集団左遷!!概要 
キャスト
福山雅治  香川照之
神木隆之介 中村アン 井之脇海 / 高橋和也 迫田孝也 増田修一朗 谷口翔太 橋本真実 
市村正親 / 赤井英和 別所哲也 / 伊藤正之 川原和久 小手伸也 / 須田邦裕 馬場徹 坂本三佳 / 赤堀雅秋 パパイヤ鈴木 絃瀬聡一
酒向芳 橋爪淳 津嘉山正種 / 八木亜希子 西田尚美 尾美としのり / 三上博史

スタッフ
原作:江波戸哲夫「集団左遷」「銀行支店長」(講談社文庫)  脚本:いづみ吉紘 
テーマソング:「俺たちの明日」エレファントカシマシ(ユニバーサル シグマ) 音楽:佐橋俊彦 
プロデュース:飯田和孝 中前勇児  演出:平川雄一朗 田中健太 韓 哲
製作著作:TBS

ストーリー
大手メガバンク・三友銀行に勤めるごく普通のサラリーマン・片岡洋(福山雅治)はある日、蒲田支店 支店長の昇任人事を受ける。 50歳を前に突然の出世に喜ぶ片岡だったが、実はその人事には裏があった…。
徹底した合理化を目指す常務取締役の横山輝生(三上博史)から「半年以内にノルマを達成しなければ蒲田支店は廃店」と告げられる。
さらに「廃店が決まっているから頑張らなくていい。無事に廃店になればあなたの身は本部が保証する」と言われるのだ。
頑張らない、ノルマは達成しない、廃店の決定を待つ…果たして本当にそれでいいのか!?
頑張らなくて良いと言われた50歳間近の銀行支店長片岡洋。
そして、リストラ寸前のダメ社員集団の蒲田支店。
果たして蒲田は生き残れるのか!? 50歳の支店長片岡の戦いが始まる。
「頑張るなと言われたからって、頑張らないなんてできない!”」

【商品仕様(予定)】 ※商品仕様は、予告なく変更する場合がございます。ご了承下さい。
≪セル≫ 発売元:TBS 発売協力:TBSグロウディア 販売元:アミューズソフト
Blu-ray BOX: 品番:ASBDP-1231 POS:4943566311493 価格:¥26,400(税抜) <本編3枚+特典1枚>
DVD-BOX: 品番:ASBP-6157 POS:4943566311509 価格:¥20,900(税抜) <本編5枚+特典1枚>
特典映像(予定):メイキングほか
封入特典:特製ブックレット

レンタル≫ 全5巻 発売元:TBS 発売協力:TBSグロウディア 販売元:TCエンタテインメント株式会社

【発売日ほか】
発売日:2019年10月25日(金)   <セル&レンタル同時発売>
製作著作TBS
コピーライト表記:(C)TBS (C)江波戸哲夫/講談社
番組公式:https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/

配信元企業:株式会社アミューズ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ