森保監督は前日会見で「ウルグアイ戦の時がベース」と明言 守護神はベテラン川島か

 森保一監督率いる日本代表は現地時間24日(20時・日本時間25日8時/エスタジオ・ミネイロン)にコパ・アメリカ南米選手権)のグループリーグ第3戦で、FIFAランキング60位のエクアドルと対戦する。決勝トーナメント進出を懸けた大一番、果たしてスタメンはどのような顔ぶれとなるのか。

 エクアドルは、チリやウルグアイに比べると未知数な部分が多い。かつて日本代表MF香川真司(ベジクタシュ)と同僚だったMFアントニオ・バレンシアマンチェスター・ユナイテッド)が最大のタレントだが、他にも身体能力の高い選手が揃い、GK川島永嗣(ストラスブール)も「今までで一番やりづらい相手になるんじゃないか」と警戒する。

 日本は過去2試合で4-2-3-1を継続採用しており、エクアドル戦もこの形がベースだろう。また、森保監督は前日の記者会見で「勝利するために確率が高い選手を送り出したい。ベースになるのはウルグアイ戦の時がベースになる」と言及。ウルグアイと2-2ドローを演じたメンバーを中心とした編成になりそうだ。

 守護神は川島を2戦連続で起用か。チリ戦でA代表デビューを飾ったGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)や東京五輪出場を目指すU-22日本代表の主力であるGK小島亨介(大分トリニータ)に経験を積ませたい意図はあるだろうが、好セーブを連発したウルグアイ戦のパフォーマンスと強烈なリーダーシップを考えれば、36歳のベテランが頭一つ抜け出ている。勝利が絶対条件だけに、森保監督も石橋を叩いて渡るはずだ。

 4バックはDF冨安健洋(シント=トロイデン)とDF植田直通(セルクル・ブルージュ)のセンターバックコンビに加え、左サイドバックにDF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、右サイドバックにDF岩田智輝(大分トリニータ)とウルグアイ戦の顔ぶれを継続起用するだろう。岩田はA代表デビュー戦のウルグアイ戦では持ち味の攻撃力を発揮しきれなかったが、ボランチやサイドアタッカーとのコンビネーションも期待される。

ウルグアイ戦で2得点の三好、18歳MF久保、“10番”中島の同時起用で勝負

 2ボランチは、攻守の要でキャプテンを担うMF柴崎岳(ヘタフェ)はやはり欠かせない。森保監督の信頼は厚く、エクアドル戦でもチームを牽引するだろう。柴崎の“相棒役”は、ウルグアイ戦でコンビを組んだDF板倉滉(フローニンゲン)か。デビュー戦は序盤にパスミスでバタついたが、徐々に落ち着きを取り戻し、組み立てに関与した。ウルグアイDFホセ・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)も「試合全体を見てプレーしていた」と評価。身長186センチサイズも身体能力の高い相手には大きな魅力だ。

 攻撃の鍵を握るのが2列目だ。「10番」を背負うMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)に加え、チリ相手に股抜きや2人抜きドリブルなどで対等に渡り合ったMF久保建英FC東京レアル・マドリード)、ウルグアイ戦でA代表初得点を含む2ゴールを叩き込んだMF三好康児(横浜F・マリノス)と、過去2戦から算出する“ベストメンバー”が名を連ねそうだ。

 1トップは、やはりベテランのFW岡崎慎司レスター)か。チリ戦で多くのチャンスに絡んだFW上田綺世(法政大)、圧倒的なスピードを誇るFW前田大然(松本山雅FC)も選択肢の一つだが、今の岡崎は裏を狙うだけでなく、ボールを収めることにも意欲的にチャレンジし、ウルグアイ戦ではロシアワールドカップ以来の先発で存在感を示している。経験を含めた“総合力”に森保監督は勝負を託しそうだ。

 エクアドルに勝利すれば、B組3位のパラグアイ(勝ち点2/得失点差-1)を上回り、3位通過で決勝トーナメントに進出できる。南米の地で歴史的な1勝をつかみ取り、王国ブラジルとの準々決勝にたどり着きたい。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

日本代表、エクアドル戦の予想布陣【画像:Football ZONE web】