TOKYO MX地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月~金曜7:00~)。6月19日(水)の放送では、非正規社員の現状について意見を交わしました。

◆首相「非正規という言葉を一掃する」宣言も……

非正規社員の75%は年収200万円以下で、働いても生活が豊かにならない“ワーキングプア”だと指摘し、来月に迫った参院選に向け政府に新たな対策を求めた「朝日新聞」の記事が話題となっています。

記事によると、非正規雇用はこの5年間で約300万人増え、2018年10月12月は2,152万人に。安倍晋三首相が「非正規という言葉を一掃する」と宣言するも、非正規社員の割合は38%を超え、過去最高の水準にあると指摘しています。

ゲッティイメージジャパン代表の島本久美子さんは、正規か非正規によって待遇面に差が生じていることが気がかりだそうで「今後、仕事の仕方の多様性を考えると、フレキシブルに対応するためには正規・非正規という分け方自体、今の時代に合っていない」と指摘します。


◆企業研修“差別”に違和感

厚生労働省総務省による統計を基にまとめた朝日新聞の記事では、実質賃金が伸び悩んでいる上に、2013年から2017年までの5年間で、年収200万円未満の非正規社員の数が、約36万人も増えていることにも触れています。

また、金融庁が「95歳まで生きるには、夫婦で2,000万円の貯蓄が必要」と試算したように“老後の資金不足”の問題も叫ばれています。非正規社員にしてみれば、ただでさえ苦しい状況下でありながら、さらなる不安を抱えることに。

MCの堀潤が「何からやるべきですか?」と問うと、メンタルトレーニング上級指導士の田中ウルヴェ京さんは、「企業研修などに行くと、非正規の方は対象外だと知り、“おかしい”と思うことがある。正規だろうと非正規だろうと、同じ部署で同じ仕事をしているのであれば、同じ研修を受けてもいいはず」と苦言を呈します。


◆“どう働くか”が課題に

島本さんと同様に“待遇面”の差を問題視しつつ、田中さんは“2050年問題”を挙げ「AIの導入で仕事の形態も変わっていく。そうなると正規、非正規と言うよりも、人間がどう働いていくのかが課題になってくる」とも。

一方、キャスターの宮瀬茉祐子が案じていたのは“情報格差”。年金の問題を例に挙げ「情報を知っている人のほうが“これからどう生き抜いていくか”という面において有利さが勝ってしまう。非正規の人たちは、毎日の生活に追い詰められていて、新たに勉強する余裕がないという人もいる。そうなると、情報格差がさらに開いてしまう」と危惧し「そのあたりもしっかりと考えていきたい」と話していました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:モーニングCROSS
放送日時:毎週月~金曜 7:00~8:00
レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子
番組Webサイトhttp://s.mxtv.jp/morning_cross/

非正規75%が年収200万円以下…増え続ける“ワーキングプア”歯止めは…?