リンカーン記念堂など観光…少年、女性、男性から写真&握手攻め

 米プロバスケットボールNBA)のウィザーズから日本人初の1巡目指名を受けた八村塁。ドラフト以降、現地でも一挙手一投足が脚光を浴びているが、球団は地元ワシントンを観光する様子までツイッターで公開し、ファンから早くも握手攻めに遭った様子を「ルイは頻繁に止められる(笑)」と明かしている。

 球団にとっても、地元ファンにとっても、八村の期待は大きいようだ。21日(日本時間22日)はワシントン入りし、記者会見に出席したドラ1ルーキー。球団はツイッターで「首都で観光をするのにはうってつけの美しい日!」とつづり、本拠地ワシントンを白のTシャツに青のパンツのラフな姿で観光した様子を公開している。

 観光名所のリンカーン記念堂、ワシントン記念塔などで記念撮影した様子を画像付きで公開しているが、なかでも印象的だったのは「ルイは頻繁に止められる(笑)」とつづった投稿だった。少年2人や女性との記念撮影に応じたり、男性ファンから握手を求められたり、足を止めて笑顔で対応している様子を公開している。

 地元の観光名所に現れたことが驚きだったのか。居合わせた人々から次々と握手や写真を求められた様子。それも、NBAドラフト1巡目の影響力の大きさだろう。球団も八村が初めてワシントン入りし、記者会見した1日の舞台裏を動画にまとめて公開するなど、期待の新人とあって、その一挙手一投足をファンと共有している。(THE ANSWER編集部)

ワシントン・ウィザーズに全体9位で指名された八村塁【写真:Getty Images】