株式会社ソフトフロントホールディングス東京都千代田区 代表取締役社長:野田亨、以下ソフトフロントホールディングス)及び株式会社ソフトフロントジャパン東京都千代田区 代表取締役社長:高須英司、以下ソフトフロントジャパン)は、自然会話AIプラットフォーム「commubo」(コミュボ)の機能を大幅に強化するバージョンアップを行い、本日(2019年6月24日(月))より提供を開始しましたので、お知らせいたします。

ソフトフロントグループは、深刻化する人材不足を背景に、会話業務の自動化を実現するAIロボットとして、電話システムに接続可能なクラウド型の自然会話AIプラットフォーム「commubo」を2018年10月より販売してまいりました。今回のバージョンアップでは、「導入/運用コストの削減」、「幅広い会話業務への対応」、「円滑な会話性能の実現」の3つのテーマを中心に機能強化を行っております。

これにより、2019年4月の「第3回AI・人工知能EXPO」への出展以降、増え続けるお客様の引き合いに着実に対応し、テレアポや督促などのコールセンターをはじめとして、教育、エンターテインメントなど様々な分野への「commubo」による会話業務の自動化をさらに進めてまいります。

1 【導入/運用コストの削減】 簡単操作の会話シナリオ編集機能を実現。
会話業務へのAIロボットの導入・運用にあたっては、お客様の会話内容の事前の準備や、運用後の会話変更などのコストが課題となっていました。今回、新たに会話シナリオの編集機能を実現し、AIに関する専門的な知識がなくても、導入企業様ご自身で簡単に会話の内容と流れを編集できるようになりました。これにより、幅広い会話業務への導入ができるようになると共に、AIロボット導入・運用コストの大幅な削減を実現することができるようになりました。
図1 簡単操作の会話シナリオ編集機能

【幅広い会話業務への対応】 ロボットの声のタイプを新たに追加。7タイプの音声でさまざまな業務に対応

会話ロボットの「声」はお客様との「接点」となる重要なポイントとなります。「commubo」では、導入企業様でお選びいただけるロボットの音声を新たに追加し、「ハキハキした女性の声」、「優しい男性の声」、「年配の女性の声」など、さまざまな会話業務に対応できるようバリエーションに富んだ7つの声のタイプをご用意しました。なお、「声」のタイプについては、ご要望に応じて追加も可能となっております。
図2 バリエーションに富んだ7つの「声」のタイプ
※音声はこちらから試聴できます。 ⇒ https://commubo.com/features/voice/

【円滑な会話性能の実現】 ソフトフロント独自の会話AIエンジンの高速化で、より自然な間の会話を実現。
ソフトフロントグループが、通信事業者向けソフトウェア開発や組込み機器開発等の中で長年培ってきた10msec (100分の1秒)を争うようなリアルタイム制御技術によって、自社開発の会話AIエンジンの更なる高速化と速度安定化を実現しました。これまでに比べ、人間の発話に対して常に安定した素早い間合いで返答を返すことができ、電話のような相手が見えないコミュニケーションでも、会話相手が不快にならず、テンポの良いスムーズな会話を実現しています。
図3 これまでのロボットでは処理時間が長く、不自然な「間」の会話
図4 「commubo」では高速AI処理によって、スムーズな会話を実現
※音声はこちらから試聴できます。 ⇒ https://commubo.com/features/realtime-ai/

■「commubowebサイトリニューアル

今回のバージョンアップに合わせ、「commubo」のwebサイトリニューアルしております。
https://commubo.com/

株式会社ソフトフロントホールディングスについて】
1997年設立。SIPとVoIPを核技術としたソフトウェア開発を中心に、リアルタイムコミュニケーションを実現する製品やサービスの開発に注力してきました。最近では、ボイスコンピューティング分野でのAI技術の製品開発やIoTへの対応に力を入れています。
子会社には、事業主体を引き継いだ株式会社ソフトフロントジャパンのほか、クールジャパン事業を主体とする株式会社AWESOME JAPANハルエネでんきの販売を軸に営業販売網を拡大している株式会社ソフトフロントマーケティング、ネットから手紙やはがきを送れるサービスを提供するデジタルポスト株式会社などがあります。
http://www.softfront.co.jp/

株式会社ソフトフロントジャパンについて】
ソフトフロントジャパンは、ソフトフロントホールディングス子会社として2016年8月の発足以来、表現力豊かにつながる・伝わるコミュニケーションラットフォームとして、通話・ビデオチャットメッセージによるリアルタイムコミュニケーションを中心とした各種製品やサービスを提供しています。最近は永年培ってきた音声伝送技術を元に、AIや自動化技術も取り入れ、電話業務を自動化するクラウドテレフォニーサービスラットフォーム「telmee」や、自然会話AIプラットフォーム「commubo」を展開し、様々な事業領域で新しいコミュニケーションビジネスを創出しています。
https://softfront-japan.co.jp/

commuboに関するお問合せ】
お問合せページhttps://commubo.com/contact/
E-mail : commubo@softfront.co.jp

リリースに関するお問合せ】
株式会社ソフトフロントホールディングス 五十嵐(達)
TEL:03-6550-9270 FAX : 03-6550-9296
E-mail : press@softfront.co.jp

※本プレスリリースPDFは次からダウンロードできます。
http://www.softfront.co.jp/library/2019/06/PR_20190624.pdf

配信元企業:株式会社ソフトフロントホールディングス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ