吉本興業は24日、いわゆる“闇営業“でギャラを受け取っていたことが確認されたとして、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら所属芸人11人を当面の間活動停止とし、謹慎処分とすることを発表した。

 対象は2014年12月に詐欺グループ忘年会に参加した宮迫、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウの福島善成(41)と、詐欺グループの別の誕生会に参加した、くまだまさし(45)、ムーディ勝山(39)、天津の木村卓寛(43)ら。

 この問題をめぐっては、7日発売の週刊誌『FRIDAY』が2014年12月、この忘年会に入江(42)が先輩芸人を誘って参加していたとの報道を受け、カラテカ入江慎也(42)が契約を解除されていた。
AbemaTV/『AbemaNews』より)
 

▶最新ニュースはAbemaNewsチャンネルで

“闇営業”で宮迫博之、田村亮ら11人を謹慎処分 吉本興業