東京ドームシティアトラクションズ内にある劇場「シアターGロッソ」でヒーローショーのお姉さんを務めていた中山愛理さんが、Twitterでセクハラ被害を告白。「シアターGロッソ」を運営する東京ドームは取材に対し、「現在、事実を確認をしている」とコメントした。

画像をもっと見る

中山さんは、約1年間務めていたヒーローショーのお姉さんをゴールデンウィーク公演をもって卒業したこと、職場で嫌がらせやセクハラがあったことをTwitterで報告。中山さんによると、入った当初から挨拶を無視され、握手会中に水を掛けて妨害されるなどの嫌がらせがあったという。セクハラについては、「男性器のあだ名をつけて呼ぶ、すれ違い様にお尻を揉む、避けられない空間での卑猥な質問や直接的に胸を触る」などの被害を受けたとしている。


このような環境で過ごした中山さんは「心も体もついていけなくて消耗」「本当にボロボロ」の状態になり、仕事に影響が出たこともあり会社から「力不足なのでもう来なくていいです」との通告を受けた。会社からは、「降りかかる性的な嫌がらせを、気にせず笑って流せるのがよく出来た女」「余計なことを言ったらもうお前に仕事を振らないぞ」との言葉もあったという。


中山さんは自身の実力不足については認めているものの、性的な嫌がらせについては「許してはいけないこと」として被害を告白。「平成も終わり令和の時代を生きる子供たちには、前時代的なハラスメントに苦しめられることなく、自らの権利を害されることなく生きて欲しいと思います。そんなヒーローに出会って欲しいと思います」「子供たちの未来に希望を抱ける正しい社会になりますように」との思いも綴っている。


「シアターGロッソ」を運営する東京ドームは、中山さんのTwitter投稿について「認識している」とコメント。セクハラや嫌がらせの有無については、「事実確認中のため、現段階では何も申し上げられない」とした。また、今後の対応についても「事実がわかっていないため、コメントは控える」としている。


画像は中山愛理さんTwitterスクリーンショット