世界でいちばん愛されたゲーム会社の社長だと思う。きっと。

 2019年6月24日ほぼ日刊イトイ新聞ほぼ日)の永田泰大氏のTwitterにより、任天堂の元代表取締役社長の岩田聡氏の発言をまとめた書籍『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』が発売されることが明かされた。





「任天堂元社長の岩田聡氏の発言録『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』が発売決定。元週刊ファミ通編集者の永田泰大氏が編集を担当」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 ツイートでは、本書の書影と各章のタイトル明らかにされており、“ほぼ日刊イトイ新聞任天堂公式ページに掲載された記事から、岩田聡さんのことばや思いを再構成”した内容となっているそうだ。

 本書で扱われている岩田聡氏は、2002年から任天堂の代表取締役社長に就任した人物で、“ゲーム人口の拡大”を掲げ、世界的な大ヒットとなったニンテンドーDSWiiを始め、多数の新製品開発に尽力。2014年には胆管腫瘍を患っていることを公表し休養に入り、その後、一時は社業に復帰したが、2015年7月11日に代表取締役社長に在職中のまま急逝した。

 現在ではおなじみとなった、任天堂の最新情報を動画で配信する“ニンテンドーダイレクト”も、岩田社長時代に開始されたサービス。配信には社長である自らが出演し、ユーザーに直接情報を届けたり、公式サイト社長が訊く”では、さまざまなゲームについて開発者にインタビューをしたりと、社長として、開発者として、そして、ときにゲームファンに近い目線を持って多くの活動を行っていた。

 また、2005年ゲーム開発者向けイベントGDC(ゲームデベロッパーズカンファレンス)では、「私の名刺には社長と書かれていますが、頭の中はゲーム開発者です。しかし、心はゲーマーです」という言葉も残し、多くのゲームプレイヤーから愛された。

 本の詳細は2019年7月1日に、ほぼ日刊イトイ新聞にて詳細が発表されるとのこと。

 ちなみに、ツイート主であり本書の編集を担当したという永田泰大氏は、元週刊ファミ通編集者で、長らく“風のように永田”というペンネームでも活躍。書籍化もされた人気コーナー“風のように永田のゲームの話をしよう”(連載途中から“永田泰大のゲームの話をしよう”に改題)を連載していた。


※画像はTwitterより。