彼と付き合っていて、「幸せだな~」と感じる瞬間はどんなときですか。

幸せを感じる瞬間が多いほど、長続きしやすく、関係も充実したものになるでしょう。

今回は、彼氏が幸せを感じたときのサインを挙げてみました。

ぜひ、幸せの数を増やすヒントにしてみてください。

(1)クシャっとした笑顔を見せる

人が幸せを感じる形として、最もわかりやすいのが笑顔です

相手の冗談で笑ったり、相手との時間に居心地の良さを感じたりと、恋人が笑顔になる瞬間を作ることが、幸せにつながると思います。

彼と一緒にいて、彼はどのくらい笑顔を見せてくれるでしょうか。

彼の笑顔が増えるには、お互いの関係に充実感をもたらすことです。

デート中なら、彼が行きたがっているお店に行くとか。寂しいと思ったとき、素直に「会いたい」と甘えてみるとか。

お互いに心を許せる関係になることで、気兼ねなく気持ちを出せる関係になれるはず。

喜怒哀楽が出しやすい、関係になることで自然と笑顔になることも増えていくでしょう。

(2)スキンシップを図る

デートならハグをしたり、手を繋いだりと、イチャイチャする機会も多いのでは。

スキンシップができる相手というのは、恋人以外、実際限られますよね。

心と体を許しているからこそ、相手からのスキンシップが嬉しく、幸せも感じられるのではないでしょうか。

つまり、スキンシップは恋人らしさを際立たせる、これとない手段なのです。

自分の欲望からスキンシップを図ることも大事ですが。たとえば、彼が疲れていそうなら、膝枕に誘って彼の頭を撫でてあげるとか。

彼が不安を感じているなら、それとなく手を握ってあげるとか。

彼の力になってあげる、彼の支えになってあげる素振りとして、スキンシップを図ることもぜひ意識してみてください。

すると、彼はあなたの存在を肌で感じ、あなたに心の拠り所を感じ、幸せもまた感じるでしょう。

(3)相手の顔をジッと見つめる

好きな人を、つい見てしまう時間が多いのは、相手のことがそれだけ気になっているからだと思います。

デート中なら、「退屈していないかな」「疲れていないかな?」など。「怒ってないかな」「呆れていないかな」など……。

相手のことが気になるのは、それだけ相手に夢中だからでしょう。

好きな人を想えるのは、幸せなことです。本当に想い合っていなければ、お互いの気がかかりは、社交辞令で終わるはず。

好きな人が自分のことを気にしてくれるのは、彼にとっても嬉しく、有難みを感じる瞬間でもあると思います。

おわりに

幸せを感じる瞬間を増やす付き合いができると、ふたりの関係はもっと充実するはず。

ぜひ彼の幸せサインを見逃さず、楽しく恋愛をしてくださいね。(柚木深つばさライター

(愛カツ編集部)

iStock-493658688k