“動かない鳥”として人気を集める謎だらけの鳥ハシビロコウ。そんなハシビロコウを1冊丸ごと特集したムック本ハシビロコウのすべて』が、廣済堂出版から発売されました。

【画像:牛に迫るハシビロコウ】

 同書では、シリーズ累計250万部を突破する『ざんねんないきもの事典』の今泉忠明先生監修の元、ハシビロコウの生態を写真と図解で余すところなく解説。写真点数は170点を超え、貴重な野生の写真が満載です。狩りの様子や恋の季節、子育て、そして巣立ち……など、飼育員さんも見たことがない、さまざまな野生のハシビロコウの姿を収録しています。

 また、日本国内で飼育されている全13羽のハシビロコウ全ての現地取材を敢行し、全13羽の魅力を、130点を超えるオリジナル写真とともに紹介しています。このように一同に介して紹介されるのは日本初になるそうです。

 その他にも、「お見合い大作戦」「漫画・ハシビロちゃんと僕」など気になる内容がめじろ押し! 特設サイトも開設され、国内の全13羽のギャラリーや、謎の鳥ハシビロコウの生態をテーマとしたクイズコーナーなど、同書の中身が一部見られます。ただ“動かない”だけじゃない、ハシビロコウの魅力に迫ってみてはいかがでしょう。

気になる内容がめじろ押し!