タレント陣内智則(45歳)が6月25日、自身のTwitterで、“闇営業”問題により謹慎処分が下された芸人たちに言及。炎上状態となっている。

吉本興業が“闇営業”についての調査を進めた結果、「会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められました」と結論付け、参加した11人の芸人の謹慎処分を発表したが、この発表を受けて陣内はTwitterを更新。

「もちろん己の身から出た錆。影響力のある立場として反省を」「賛否はあると思いますが吉本の決断は厳しく正しいものだと思います!」とした上で、「ただ、十分に反省した上で いつか謹慎が解けた際には、お笑い芸人として復帰が出来る環境をマスコミ各位、世間の皆さんが温かく迎えてもらえる時代である事を願います!」とツイートした。

しかし、このツイートには疑問の声が噴出。Twitterなどネットでは「甘すぎやろ」「仲間守りたい気持ちは分かるけど、反社との関わりを軽く考えすぎ」「いま、このタイミングで復帰のこと書くのは違うんじゃない?」「陣内さんにはガッカリだなぁ」「謹慎前から保険かけるのどうなの」「芸能村はいいですね、ちょっとの期間謹慎してりゃ復帰できるの分かってて」「紳助さんは復帰しましたか?」「これが世間とのズレなんだろうな」など、厳しい意見が上がっている。