24日に行なわれたエクアドルとの試合で1-1と引き分け、惜しくもコパ・アメリカ決勝トーナメント進出を逃してしまった日本代表

両者が勝たなければならない試合ということでシュートの場面が多い90分となり、どちらがリードしてもおかしくない内容だった。

その中で3本のシュートと鋭いスルーパスを見せ、存在感を示したのが18歳久保建英

失点した直後の前半37分には、ペナルティエリア右の小さなスペースでボールを受けてから、左足で鋭いシュートを放った。

ゴール前にはエクアドルの選手が並んでおり、普通であればシュートに持っていくのさえ難しい状況だった。

しかし久保はゆったりと動きながら自ら前方にスペースを作り出しパスを足元に呼び込む。これを正確にトラップすると、それでもほとんどコースのない位置だったが、相手が飛び込めない一瞬のタイミングシュートを放った。

コースがやや甘くGKに弾き出され、代表初ゴールとはならなかった。しかし久保の卓越した感覚と技術でなければシュートにさえならなかった場面と言えるだろう。

【関連記事】 久保建英の未来は?10代で日本代表デビューした現役選手とその現在

それでもこのコパ・アメリカ3試合で「代表でも十分にやれる」ところを示した久保建英。今後レアル・マドリーに加入してからの成長も楽しみである。

久保建英は別格!「不可能を可能」にして放ったシュートを見よ