[ワルシャワ 24日 ロイター] - ポーランド南部リブニクにある自動車教習所で、68歳の教習生の乗った車に試験官がひかれ、死亡した。

地元警察のウェブサイトによると、操縦に重点を置いたテストの最中だった。事故当時、この試験官(35)は別の教習生をテストしていた可能性が高いという。

テレビ映像には、トヨタの赤いヤリスヴィッツ)がトラックに積み込まれ、フロントバンパーとナンバープレートがぶら下がっている様子が映っていた。

警察によると女性はショック状態にあり、話を聞くのは難しいという。