24日ロッキーズ戦でベリンジャーファウルが女性客の額に直撃していた

 ドジャースは24日(日本時間25日)、本拠地のドジャースタジアムの防球ネットを拡大する声明を発表した。同球場では23日(同24日)のロッキーズ戦で、ドジャースコディ・ベリンジャー外野手が放ったファウルボールが女性客の額に直撃。検査のために病院に搬送されていた。

 ドジャースタジアムでは両ダッグアウトの端まで防護ネットが張られている。ドジャースは「ファンの安全はドジャースにとって最も重要なことであり、ファンの安全性を高めるため、オフの間にドジャースタジアムのネットに関する調査を開始しました。この調査の完了後、球団は推奨された変更を行い、ドジャースタジアムのネットを拡大します。プロジェクトスケジュールと範囲については分かり次第お知らせします」との声明を発表した。

 同球場では昨年8月に79歳の女性がファウルボールの直撃で亡くなる事故が発生していた。今年5月29日にはカブスアルバート・アルモラJr.内野手アストロズ戦で放った痛烈なライナーファウルボールが、観戦中の4歳の少女に直撃するなど、強烈なファウルボールで観客が負傷するアクシデントが続々と発生している。

 ナショナルズは21日(同22日)に本拠地ナショナルズパークの防護ネットオールスターブレーク中に両翼ポールまで拡大すると発表。防護ネット拡大への動きが活発化している。(Full-Count編集部)

ファンにファウルが直撃し心配するドジャースのベリンジャー、ロバーツ監督(左から)【写真:AP】