3歳の女の子が開発した「自動お掃除ロボット」が、その柔軟な発想に「すごい発明」「その手があったか」「天才」と話題になっています。驚きと笑顔をくれる最新モデル……!

【画像】通り過ぎていくコロコロ

 動画に現れたのはコロコロクリーナー。ひとりでに動いてるのかと思ったら、後ろから今度は「きかんしゃトーマス」のおもちゃが登場。電池で動くトーマスの前にコロコロセットすることで、自動で床をきれいにしてくれるお掃除ロボットが完成しています!

 そんな娘さんの発明品を投稿したひままさんも、「これで我が家に念願のお掃除ロボが...!!!」と喜びのツイートをしています。ちなみに最初は「見て見て!」と娘さんに言われて振り返ると、足のあいだをこの“自動お掃除ロボット”が通過していったそうで、そのときは1時間くらい笑いが止まらなかったそうです。大人では考えつかない発想がすばらしい!

 コメントでは動画に現れた想定外の自動お掃除ロボットに「見た中のどれよりも秀逸」「開発者として…エンジニアとして…負けを認めざるを得ない!」と称賛の声が多く寄せられ、10万以上のいいねが集まる人気に。同時に子どもならではのかわいい行動に、笑ってほっこりした人が多いようです。

画像提供:ひまま(@himama616)さん

この発想はなかった……!