庵野秀明監督の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4作目となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2020年公開)の冒頭10分40秒間の映像が7月6日フランス・パリ、日本(全国数ヶ所)など世界各地で同時上映されることが24日、発表された。

【画像】スマートフォン向け公式アプリ『EVA−EXTRA』

 7月4~7日までパリで開催される『JAPAN EXPO』では同6日に「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニング主題歌「残酷な天使のテーゼ」の歌手・高橋洋子との『Yoko TAKAHASHI×EVANGELION STAGE』実施が決定している。『シン・エヴァ』の最新映像は、そのステージ内で『シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ) 0706版』として上映される。

 「AVANT(=アバン)」とは、オープニングタイトル前の導入シーンのこと。2020年の公開に先立ち“『シン・エヴァンゲリオン劇場版0706作戦”として、超異例の映画本編冒頭10分40秒00コマが先行公開される。パリだけでなく、米L.A.の『ANIME EXPO』、中国・上海、さらに日本全国数ヶ所でも同時上映の実施が決定。

 上映の続報は7月1日リリースの公式アプリEVAEXTRA』にて発表され、6日の作戦当日もイベント連動のスペシャルコンテンツ公開を予定している。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』0706作戦(C)カラー