ネットアップ6月25日、国内初となるマルチクラウド環境を最適化するデータファブリックソリューションをNECと展開すると発表した。ソリューションはNECから提供される。

データファブリック」とは、オンプレミス環境もクラウドも含め、点在するデータに対して必要な時にアクセスでき、自由に、かつ安全にデータを移動・制御できることを推進したもの。

データファブリックでは、オンプレミス環境においてはFAS/AFFやIAサーバ上に、クラウド環境においてはNEC Cloud IaaS およびAWSAzure上にデータ管理ソフトウェアのONTAPを設置することで、データ管理機能が利用可能となるというもの。

さらに、ONTAPの管理ツールであるOnCommand Cloud Managerによってオンプレミス環境とクラウド環境にあるONTAPの一元管理が可能だという。

これらの統合されたデータ管理技術によって、今まで点在していたデータの管理・運用の一元化が可能となり、マルチクラウド環境を実現する。

NECでは、FAS/AFFの販売に加えて、Express5800シリーズで稼働するストレージ、ONTAP SelectおよびAWS/Azureクラウド上で稼働するストレージ、Cloud Volume ONTAPをユーザーマルチクラウド環境に合わせて提供する。
(丸山篤)

画像提供:マイナビニュース