特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合に、事務所に黙って参加し報酬を受けとる「闇営業」の問題で謹慎処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)らが出演する番組について、テレビ局各社が今後の対応について発表した。

 雨上がり決死隊の冠番組『アメトーーク!』、ロンドンブーツの冠番組『ロンドンハーツ』を放送するテレビ朝日は「当該出演者に関しましては、今後の出演を見合わせることに致します」「また、収録済みの番組につきましては、対応を慎重に検討しております」とコメント。また日本テレビは、宮迫がレギュラー出演する『行列のできる法律相談所』について7月7日、14日に放送予定分が収録済みだとした上で宮迫の出演シーンカットするなど、「可能な限り配慮して放送いたします」と発表している。

 そしてTBSの『炎の体育会TV』、フジテレビの『世界の何だコレ!?ミステリー』も宮迫の出演シーンカットして放送することを発表するなど各局対応に追われている。

 宮迫は「詐欺集団、そのパーティーに出演し盛り上げている自身の動画を目の当たりにして、情けなく、気づけなかった自身の認識の甘さに反省しかございません」とコメントを発表している。
AbemaTV/『AbemaNews』より)

▶︎“闇営業”仲介でカラテカ入江が吉本解雇 千原ジュニア&鈴木拓の見解は?
宮迫博之ら吉本芸人11人「活動停止」テレビ局各社が対応に追われる