Point
■キッチンスポンジは様々な微生物たちがしのぎを削るバトルフィールド

■そこには人の糞便に潜む感染菌も、細菌に取り付くウィルス『バクテリオファージ』も存在している

■抗生物質耐性菌が問題視される昨今、台所用スポンジの中から危険な感染菌を食い殺す強力なバクテリオファージを見つけ出そうとする研究が発表された

ウィルスを使った薬剤耐性菌の治療に世界で初めて成功

正しく使えば細菌を一掃できる抗生物質。しかし医者の言うことを聞かず適当に使っていると、毎日細菌に雑魚モンスターを与えてレベル上げさせているのに近い状況になってしまう。

細菌の病から人類を救った抗生物質だが、そんな雑な利用によって抗生物質耐性菌というものが大量に生まれ、大きな医療問題にもなっているのが現状だ。

「誰か、奴らを倒す剛の者はおらぬのか?」

そこでそんな呼びかけに、キッチンスポンジの中から「ここにいるぞ!」と声が上がったようだ。

ニューヨーク工科大学の学部生が助成金を受けて行った研究では、なんと抗生物質耐性菌を殺すバクテリオファージを、台所用スポンジというありふれたアイテムの中から見つけ出す提案をしている

この研究はニューヨーク工科大学の学生グループより発表され、アメリカ微生物学会ASM Microbe2019で発表されている。

耐性パラメータがカンストしてる細菌

Credit:【DQ11】全キャラ全パラメータ(ステータス)カンスト【PS4】©SQUARE ENIX

細菌は様々な感染症の原因となるが、現代は抗生物質のおかげで以前ほど恐れる存在ではなくなってきた。

しかし、細菌たちにとって恐ろしい抗生物質も、不規則に利用し続けると、少しずつ彼らを鍛えて慣れさせているような状況になってしまう。

安易な抗生物質の乱用や、医者の言いつけを守らない患者たちの雑な利用により、細菌たちはどんどんとレベルアップしていき、最終的にはステータスカンストした強靭な『抗生物質耐性菌』になってしまうのだ。

これは医療の現場においても大きな問題となっている。

このため、新しい抗生物質が次々と生み出されているが、結局は細菌とのイタチごっこ状態なのだ。

これに対抗するための新しい発想が、細菌に感染するウィルスである『バクテリオファージ』の手を借りるというものである。正に敵の敵は味方の発想だ。

ただし、いくら細菌にしか感染しない種類とはいえ、ウィルスの手を借りて体の中の悪玉菌を殺すというのは、諸刃の刃の様にも感じてしまうだろう。しかし現在、これは抗生物質耐性菌への有用な対策だと考えられている。

問題は「そんなバクテリオファージをどうやって見つけ出すのか?」ということだが、そのための有効な手段がキッチンスポンジの中にあるというのだ。

細菌たちのバトルフィールド

あまり考えたくない事実だが、台所で普段私たちが何気なく使っているスポンジは微生物たちの巣窟だ。彼らはスポンジの中で、生存圏を掛けた壮絶な戦いを繰り広げている

そしてこの中には、細菌専門のウィルスであるバクテリオファージも存在している。

複雑な微生物環境でも猛威を振るうバクテリオファージは、強靭な抗生物質耐性菌さえも殺せる存在となる可能性があるのだ。

今回の研究者たちは、自分たちの家の台所用スポンジからバクテリアだけを取り出し、そのバクテリアを餌とするファージを発見した。

そして、別々のスポンジから見つかったファージを交換して、異なる環境の細菌にもファージが有効かを観察したという。

実験の結果、ファージは別のスポンジの細菌群へ移されても、バクテリアへ感染することが確認された。

このファージが取り付いた細菌は、DNA検査を行った結果、人の糞便中によく見られる杆菌(大腸菌などの棒状の細菌)だったという。これは病院内感染の原因にもなるタイプの細菌だ。

EscherichiaColi NIAID

この細菌群は、見つかったスポンジによって化学的な変異が確認できたが、ファージの感染には影響していなかった。

抗生物質耐性菌を倒すバクテリオファージを探せ

こうした研究は、バクテリオファージの感染可能な細菌の範囲を理解するために重要だという。

様々な種類の複雑な微生物生態系で、細菌に感染可能なファージを見つけ出し、特性を明らかにしていけば、抗生物質耐性菌の治療に利用可能なバクテリオファージを見つけ出せるかもしれない。

細菌は様々な場所に潜んではいるが、本来なら似たような種類が集まる。しかしまったく環境の異なる微生物生態系を用意することは簡単なことではない。

強力な細菌に対して有効な対策を見つけるための研究では、人工的にバクテリアの「ファイトクラブ」と呼ぶべき場所を作り出し、そこで育った細菌を分析する方法が効果的と指摘している研究もある。

細菌ファイトクラブイメージ。ちょっとキモい Credit:Bacterial fight club. (Michael Smeltzer / Vanderbilt)

それが、キッチンスポンジというありふれた物を利用することで可能になるというのは、面白い発見だ。

この研究は、現在はまだ学部生による研究に過ぎず、学会でもポスターセッションによる発表しか行われていないが、多くのメディアから注目を集めており、ニューヨークの研究助成金対象にもされているという。

抗生物質の代わりに、台所用スポンジから見つかったバクテリオファージを飲み込む日も近いかもしれない。

猛毒のはずのヒ素を呼吸して生きる細菌を太平洋で発見

投稿 耐性菌を倒せる者はおらぬか!→台所用スポンジ「はい…」ナゾロジー に最初に表示されました。

耐性菌を倒せる者はおらぬか!→台所用スポンジ「はい…」