女性向け同人誌ショップを運営する「明輝堂」(広島市)が6月24日、事業を停止したとWebサイトで発表しました。今後、破産手続きの開始を広島地裁に申し立てる予定だとしています。

【その他の画像】

 1993年に設立。女性向け同人誌の買い取り販売で知られ、大阪市名古屋市、東京・池袋の秋葉原に店舗を展開していたほか、通販も行い、東京商工リサーチによると、2012年8月期には約7億4600万円の売上高があったとのことです。

 ですが、近年は「市場の縮小、競合店との競争等の要因のため売り上げが低迷」(明輝堂のWebサイト)。16年には秋葉原店、18年には池袋店を閉店するなど、コストカットに努めていたものの、業績が回復せず、事業の継続を断念しました。

 明輝堂のWebサイトによると、従業員は破産手続き準備のための数人を除き24日付で即日解雇し、大阪店、名古屋店、通販部も営業を停止したとのことです。

 同社は「関係者の皆様には多大なるご迷惑をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます」としています。

事業の停止を告知する明輝堂のWebサイト