サッカー女子W杯はグループリーグを終え決勝トーナメントへ突入した。日本代表ベスト8をかけオランダと対戦する。両チームの世界ランキングは日本が7位、オランダが8位と拮抗していて、日本のメディアでは「互角」と報道している所が多い様に見受けられる。

 グループリーグでの勝ち上がり方を見る限り、格下相手でも圧倒する事が出来ず、強豪相手には競り負けてしまう。多くの日本人サッカーファンの目から見てもそうだろう。しかし前々回の優勝チームという事もあり「臭いものに蓋を閉める」という訳ではないが、変に期待してしまっている感はある。

 一方海外での評価はシビアだ。日本と違ってスポーツブックメーカー(いわゆるスポーツの賭けサイト。もちろん合法である)がオッズを出しているので現在の戦力値が分かる。
大手ブックメーカーの1XBETでは日本が勝ち上がる倍率を2.86、オランダが勝ち上がる倍率を1.43としている。

 互角であればこのオッズは両チームの倍率は2に近づく(サイトのマージンも考慮すると1.91位が妥当)。逆にこの数字の差が多ければ多いほど力の差が多いと見られている。1.43と2.86は絶望的な差ではないが、「順当にいったらオランダが勝つけど3回から4回に1回はは日本が勝つね」と言うくらいの数値だ。

 しかし、あくまで前評判は前評判。サッカーでは男子W杯のコロンビア戦で起きた様な(開始早々にPK獲得且つ相手が退場する)事だってありうる。この評価を覆してベスト8に駒を進める事ができるか、「なでしこジャパン」に注目したい。

 もし1XBETで、「なでしこジャパンに賭けたい!」という人がいれば実際に1XBETに登録してみるのもいいだろう。1xBET プロモコードをご利用する事で初回入金時にボーナスを入手する事が出来るのでお勧めだ。

 また、1XBETでは賭けをしない場合でも「サイトの登録」及び「サイトへの入金」が済んでいれば様々なスポーツライブストリーミング中継で視聴する事が可能と言う利点がある。日本では放映されない様なスポーツなども放送している可能性があるのでスポーツ好きは登録し、入金(1000円程度から可)する事をお勧めしたい。