BOMプロモーション
『BOM- The Battle Of MuaThai SeasonⅡ vol.3』
2019年6月23日(日) 神奈川・横浜大さんホール

強烈なミドルキックを当てこむプーパンレック(右)、WMC王者となった

 ▼第10試合 WMC インターコンチネンタル ミドル級(72.57kg)タイトルマッチ 3分5R(肘あり)
◯プーパンレック・クラミツジム(クラミツジム)
判定3-0  ※50-49、49-48、49-47
●シン・チャン・フォ(TEAM VILLAIN
※プーパンレックが新王者に就く。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 

豪快な右ミドルで主導権を握るプーパンレック(右)

 元蹴拳スーパーミドル級王者のプーパンレックは、ムエタイ仕込みの右ミドルとタフさが武器。今年3月の新日本キックでは、日本ミドル級王者の斗吾(伊原道場本部)と対戦。パンチのある斗吾に対し右ミドルやヒジで応戦し、ドローをもぎ取っている。韓国の団体KTKの王者であるシンを相手取りタイトル奪取を狙う。

 両者ゆったりとしたオーソドックスで静かな立ち上がり。パンチを軸に前にでるシンをいなしていたプーパンレックだったが、3Rからロングレンジの右ミドルで応戦。シンは主導権を握れなくなり、時折コーナーに追い込むシーンはあるものの、単発のパンチ・左ローのヒットにとどまる。

ベルトを巻いたプーパンレック

 4R以降はプーパンレックの右ミドルが試合を支配。シンの右脇腹が内出血し赤紫色に染まり、パンチで応戦するもプーパンレックをとらえることができない。ダウンシーンはなかったものの、最後までプーパンレックがシンのパンチを貰わずに右ミドルでペースを握ったプーパンレックが判定勝利。WMC インターコンチネンタルミドル級のベルトを巻いた。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 


主導権を握り左右ミドルを積み重ねた栄基(右)が元ラジャランカーに勝利

▼第9試合 WMC 日本スーパーライト級(63.50kg)契約 3分5R(延長なし)(肘あり)
○栄基(エイワスポーツジム/王者)
判定2-0 ※49-48、48-48、49-48
ジャックチャイストライキングジム(ストライキングジム/元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーバンタム級7位)

※この試合の速報動画(3R〜5Rまでノーカット)はこちら 

 栄基はWMC日本スーパーライト級、同ウェルター級、初代アジア太平洋キックボクシング連盟ウェルター級、NKBウェルター級の四冠王。2017年の夏に一度引退したが昨年8月に復帰。その復帰戦でWMC日本ウェルター級王座を獲得している。対するジャックチャイは元ラジャダムナンスタジアム・スーパーバンタム級7位の実力者で、110戦に迫るキャリアを持つ。

 両者オーソドックスからジャックチャイが左前蹴りでけん制。栄基は距離を詰めようと左ジャブを突くが、ジャックチャイは両手を前に出し前進を阻む展開が続く。3Rには栄基が回転を上げ、威力のある左ミドルの数を増やす。ジャックチャイは左手を伸ばし距離を保ちつつ、左ミドルをつかんでそのまま放り投げ、栄基の勢いを殺す。

ムエタイ特有のリズムを崩せず栄基(右)は苦戦

 4Rからジャックチャイは首相撲からのヒザを狙い、積極的に組みに来る。栄基はロングレンジからジャブ、右ミドルを放つが、首相撲に持ち込まれロープにもつれ込み、勢いを殺される。双方決め手のないまま終了のゴング。主導権を握り、単発ながら左右のミドルで有効打を奪った栄基が判定を勝ち取った。

※この試合の速報動画(3R〜5Rまでノーカット)はこちら 

▶︎次ページは21歳同士の女子対決はバチバチの殴り合いで王者が決定、男子はWMCタイトル戦

一歩も引かない奥脇と上原の戦いは、スプリット判定で上原が勝利を収めた

▼第7試合 WMC女子日本ピン級契約タイトルマッチ 2分5R
●奥脇奈々(エイワスポーツジム)
判定1-2 ※49‐48、48‐50、48‐49
〇上原真奈(NEXT LEVEL渋谷)
※上原が新王者に就く

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 

 奥脇は兄の奥脇一哉、竜哉・エイワスポーツジムと共に名門エイワスポーツジムで汗を流す。対する上原は沖縄出身で真樹ジム沖縄でキックキャリアをスタート。昨年上京し、初代J-GIRLS女王のグレイシャア亜紀や長らく女子軽量級トップクラスに君臨する紅絹(もみ)、新世代の旗手・小林愛三らが所属するNEXT LEVEL渋谷で日々研鑽を積む。奥脇も上原も21歳。フレッシュな次世代エース候補の一騎打ちとなった。

 左ジャブでリズムを作りローや左フックを織り交ぜる奥脇に対し、左右ハイキックと大きな攻撃で自分の距離を維持する上原。要所で打ち終わりのカウンターを取り主導権を握りかける上原に、奥脇も強引な打ち合いに巻き込みペースを渡さない。

 積極的な攻撃を見せる奥脇だったが、徐々に上原の体格、パワーに押される展開へ。どっしり構え首相撲からヒジ、崩しを決め奥脇の体力を削る。後半は両者積極的に打ち合いに挑み、上原は4Rにヒジとパンチの猛攻で奥脇を追い込みふらつかせると、5Rは奥脇が顔面を紅潮させながらワンツー、右ストレートクリーンヒット。両者一歩も引かない攻防の中、終了のゴングが鳴り響いた。

女子同士の激しい打ち合いに、観客からも大声援が贈られた

 判定はジャッジ1名が奥脇を支持。残りの2名が上原を支持し、スプリットの判定で上原が勝利。プロ8戦目にして初タイトルを獲得した。しかし勝敗こそ決したものの、女子同士の熱い戦いに会場は熱狂。両者には観客からこの日一番の歓声が贈られていた。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 


MASA(右)が後半ラウンド圧力とヒット数で上回って判定勝利、ベルトを巻いた

▼第8試合 WMC 日本スーパーフライ級(52.16kg)タイトルマッチ 3分5R(肘あり)
●高坂侑弥(エイワスポーツジム)
判定0-3 ※48-49、48-49、47-48
MASA BRAVELY(BRAVELY GYM)
MASAが新王者に就く

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 

高坂(右)の強烈な右縦ヒジがヒット

 両者とも2018年5月に『KNOCK OUT』に出場。ともに敗戦を喫したが、その後もキャリアを積み重ね、今回のタイトルマッチ出場のチャンスをつかんだ。

 左ミドルを軸に攻めるサウスポーのMASAに、高坂は左右ローで反撃。MASAプレッシャーに押され始めた高坂は徐々にミドルを被弾し、カウンターの縦ヒジの直撃を許す。中盤もMASAの左ミドル中心の組み立てに高坂は攻めあぐねるが、3Rには右縦ヒジを当て返しMASAの右頬をカットドクターチェックに追い込む。

ベルトを巻いたMASA(左)

 しかし再開後もMASAは守りに入らず、高坂をロープに詰める。バリエーションのある攻撃でMASAをけん制する高坂だが、徐々に手数が落ちMASAの前進を食い止めきれない。
 最終ラウンドも手数で押すMASAは高坂に右フックから左ヒジをヒット。試合を通して左ミドル、終盤にはパンチで高坂を圧倒したMASAが判定勝利を収め、WMC日本のベルトを腰に巻いた。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 


▼第6試合 WMC 日本ウェルター級(66.68kg)次期挑戦者決定戦 3分3R(肘あり)
KAZU(蒼天塾/GTジム所属)
KO 2R0分14秒
●梅舘隆志(練馬チャンデットムエタイジム)

▼第5試合 WMC 日本フェザー級(57.15kg)契約 3分3R(肘あり)
○虎二郎・FLYSKYGYM(FLY SKY GYM)
判定2-0 ※29-28、29-29、29-28
●山田龍弥(北流会君津ジム)

▼第4試合 WMC 日本バンタム級(53.52kg)契約 3分3R(肘あり)
○村井雄誠(エイワスポーツジム)
KO 2R2分26秒
ヌーリン・シッソー(トースームエタイシンジム)

▼第3試合 WMC 日本スーパーバンタム級(55.34kg)契約 3分3R(肘あり)
○森岡悠樹(北流会君津ジム)
KO 2R1分16秒
ベンツ飯田(AIM HIGH

▼第2試合 WMC 女子日本49.00kg 契約 2分3R(肘なし)
△竹井成実(エイワスポーツジム)
判定1-1 ※28-30、29-28、29-29
△坂本 優(CROSS×LINE

▼第1試合 WMC 日本スーパーフライ級(52.16kg)契約 3分3R(肘あり)
●前田伊織(北流会君津ジム)
判定0-3 ※29-30、28-29、28-29
○IBUKI BRAVELY(BRAVELY GYM)