東京五輪世代18人で構成された若きチームを、南米の地でキャプテンとして牽引

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間24日に行われたコパ・アメリカ南米選手権)のグループリーグ第3戦でエクアドルに1-1と引き分け、3位通過での準々決勝進出を逃した。東京五輪世代18人という陣容で臨んだ今大会、3試合で2分1敗とまたもや南米での初勝利を手にできなかったなか、若手の経験値アップとともに、キャプテンを務めたMF柴崎岳(ヘタフェ)がリーダーとして覚醒したのも収穫の一つだろう。最年長のGK川島永嗣(ストラスブール)も、「いい感じでチームをまとめてくれた」と労った。

 招待国としてコパ・アメリカに参戦した日本は、代表チームに選手の拘束権がなく、DF長友佑都ガラタサライ)やDF吉田麻也サウサンプトン)、FW大迫勇也ブレーメン)といった主軸を招集できず。結果的に東京五輪世代18人、平均年齢22.3歳(大会開幕時)という若い陣容で今大会に臨むことになった。

 グループリーグ第2戦でFIFAランキング8位のウルグアイに2-2と互角の勝負を演じたが、24日のエクアドル戦は1-1のドロー。結果的には初戦チリ戦(0-4)の大敗が響く形で敗退が決まり、南米の地でのA代表25試合目でも初勝利は手にできなかった(通算6分19敗、16得点47失点)。

 18歳MF久保建英FC東京レアル・マドリード)、MF三好康児(横浜F・マリノス)、MF板倉滉(フローニンゲン)、DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)ら東京五輪出場が期待される選手たちが経験を積んだ一方で、“もう一つの収穫”と言えるのが柴崎のリーダーとしての覚醒だ。

 3月シリーズコロンビア戦(0-1)でA代表初のゲームキャプテンを務めた柴崎は、GK川島やFW岡崎慎司レスター)のベテランが招集されたなかで主将を担当。ウルグアイ戦では絶妙なサイドチェンジで三好の先制点を引き出し、エクアドル戦でも相手との競り合いで出血するハプニングに見舞われながら、頭にぐるぐるとテーピングを巻いて止血し、最後までプレーし続けるなどプレーチームを牽引した。

背中で語るだけでなく、ピッチ外でも若手をサポート 川島も証言「話が上手くなった」

 ウルグアイ戦、エクアドル戦とボランチでコンビを組んだ板倉は、柴崎のプレーの凄みについて次のように話す。

「僕のポジションを見て、岳くんも気を遣ってプレーしてくれていたので、すごくやりやすかった。あれだけ試合の状況判断だったり、チーム全体のことを考えてポジションを取ってくれる選手がいると、あそこで落ち着きも作れる。ああいうふうになりたいと思いました」

 普段は物静かな印象の柴崎だが、チームを牽引していたのはプレー面だけではない。かつて鹿島アントラーズで同僚だったDF植田直通(セルクル・ブルージュ)によれば、ピッチ外でのサポートも行っていたという。

サッカーはもちろん、チームのプライベートな部分も引っ張ってくれました。岳くんがいなければ、ここまでまとまったチームにはならなかったし、誰も文句の言えないプレーをしていた」

 2008年以降、10年以上にわたって日本代表ゴールマウスを守ってきた36歳の川島に、柴崎の“変化”について尋ねると、「話が上手くなった(笑)」と証言する。

「普段の会話も、もともとそんなに話すタイプではないけど、上手く会話を作っていて、今までと違うなと感じました」

 日本代表においては、長年キャプテンとして唯一無二の輝きを放ったMF長谷部誠フランクフルト)が、ロシアワールドカップ(W杯)を最後に代表引退。森保体制に代わり、MF青山敏弘サンフレッチェ広島)、DF吉田、MF香川真司(ベジクタシュ)、DF昌子源(トゥールーズ)がキャプテンマークを巻いてきたなかで、長谷部と同じボランチの柴崎が新たなリーダーとしての可能性を示した。

「若い選手だけでなく、広い視点で見て、いい感じでチームをまとめてくれた」(川島)

 川島は長谷部との比較については「あそこまで堅くならなくていい」と笑顔でかわした一方で、重責を担った柴崎の働きを称えた。

「(柴崎は)A代表でも重要な役割を担っているし、若いチームをまとめるなかで彼なりに考えていた。コミュニケーションも若い選手だけでなく、スタッフを含めて広い視点で見て、いい感じでチームをまとめてくれました。岳もすごく若いわけではないし、トミ(冨安健洋)が副キャプテンで、リーダーシップをとって引っ張っていくのはいいこと。2人はよく頑張ったと思います」

 27歳となった柴崎もエクアドル戦後、日本代表において中心を担う覚悟を滲ませている。

「世代のリーダーもそうだし、中心となる選手が出てくるのは必要。上の世代が抜けて僕らがそういう立場になって、これはバトンとして続けていくべきだと思います」

 エクアドル戦前の練習では連日、森保監督と10分以上にわたって意見交換をしていた柴崎。ロシアW杯以降、存在感を増すボランチが、“ネクスト長谷部”になれるかは日本代表が一つ上のステージに行くための重要なファクターになるかもしれない。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

(左から)日本代表MF柴崎、元日本代表MF長谷部【写真:Getty Images】