恵比寿マスカッツの冠番組『恵比寿マスカッツ 真夜中のワイドショー』(AbemaTV)が放送された。オアシズがMC、黒沢かずこがADを担当し“セクシー事件簿”をマスカッツなりに大体で討論する大人なワイドショー番組だ。

今週行われた「ピンク茶道 靖子流!」は、大久保佳代子と黒沢かずこそれぞれがマスカッツたちを弟子とし、いかにお上品に、かつセクシーにお茶をいただけるかを競い合う企画。審査はピンク茶道の家元に扮する光浦靖子が行う。7回戦で対決するのは、七海ティナと宮村ななこ。「新人ですけど筋がいいので」と、大久保は七海を評価しつつコメントした。

光浦は「最近好きな人できました?」と、七海に恋愛の話題を投げかける。しかし、七海は「好きな人……できないです……」と、苦笑いを浮かべて答えた。続けて光浦が「付きまとわれたりしてません?」と、七海に質問するが、その問いかけにいち早く反応したのは、七海ではなく大久保だった。

大久保の実兄は恵比寿マスカッツの追っかけをしており、七海がアルバイトをしている居酒屋にもよく顔を出しているのだそう。そうした背景もあり、「それはうちの兄のことですか? 付きまとってないですよね?」と、兄の挙動を警戒する大久保。「よくTwitterとかInstagramを最近は見られてて……」と、大久保の兄からSNSでの接触を図られていると答えた七海に「(兄には)厳重に注意しておきます」と、大久保は決意を表明していた。

(C)AbemaTV
アイドルが追っかけ被害激白 大久保佳代子、実兄の行動に焦り「厳重に注意しておきます」