●ピアニストとして、シンガーとして、積み上げた魅力を一つひとつ発揮
声優・歌手・ピアニストの牧野由依によるライブコンサートポッカサッポロ 富良野ベンダーティー Presents YUI MAKINO LIVE CONCERT「What's UP!!!!」”が6月1日・2日、東京・山野ホールにて開催された。

この時期恒例となったLIVE CONCERTは、今年は3月にリリースしたセレクトアルバム『UP!!!!』を引っ提げる形で開催。コンセプトごとに構成したブロックに、デビュー初期の曲から最新曲までを散りばめた公演をみせてくれた。本稿では、そのうち2日の公演の模様をお届けする。
○■スタートを飾ったのは、『UP!!!!』にも収められたピアニストとしてのはじまりの曲

ステージに白い幕がかけられたまま開演時間を迎えると、そこに逆光でピアノに向かう牧野のシルエットが浮かび上がる。そして、彼女が8歳のときに岩井俊二監督映画「Love Letter」にて劇伴ピアニストとして携わった「A WINTER STORY」を演奏。『UP!!!!』にも収録されたこの曲は、光の射し込むような、幕開けにふさわしい楽曲。それを演奏する今の姿をあえて直接的には見せないことで、彼女の原点を感じさせるという演出だ。

そしてクラッシュシンバルの音とともに幕が落ちて、ダンサーを従えての「Brand-new Sky」へ。凛とした顔つきで、『UP!!!!』で新録した〔UPDATE〕バージョンに乗せて、場内に全力で力強い歌声を飛ばしていく。さらに続けた「囁きは“Crescendo”」では、頭サビ後には「What’s UP?(牧野)」「Yeah!!!!(観客)」の応答も織り交ぜたり、1サビ後には笑顔で自らクラップすることで場内に観客の大きなクラップを巻き起こすなどして場内を巻き込んでいく。ドレス系ではなくパーカーデニムという衣装も相まって、この曲ではその姿が特に自然体であるように感じられた。

しかし驚かされたのは4曲目。終盤に披露されることが恒例だった「Cluster」を、早くも披露したからだ。だがこの曲によってもたらされる一体感は不変で、普段と同じように彼女の手に合わせて、客席にはいっぱいの手が挙がる。牧野から発せられる歌声はやはり希望に満ちあふれたもので、そのポジティブオーラが会場中を包み込む。

さらに大サビ後には、フェイクも交えてさらに進化したこの曲を提示すると、「Precious」では一転して丸みを帯びた歌声を、温かなミドルバラードのなかで優しく響かせていく。音数の比較的多い曲だが、愛を歌声に込めてのっぺりとしないようにアプローチ。こうして牧野はピアニスト・ボーカリストとしての多彩な魅力を最初の5曲にパッケージングして、観客を公演の空気へと引き込むことに成功した。

MCでは、昨年に引き続き冠協賛についたポッカサッポロへの感謝を述べつつ、彼女が愛飲する富良野ベンダーティーを持っての「#実質牧野由依」タグがDAY1後にトレンド入りしたことに「牧野由依、大量発生したんですよ」と触れ、そうして楽しみながらステージをおくれることについてもファンのおかげと感謝を述べていた。また、あわせてDAY1で三宅亨(Gt.)が「夏休みの宿題」のグリッサンドの際そのラベンダーティーで弦を押さえるという“奏法”を発明していたことも紹介。「すごいいい音出るんですよ」と、三宅も実奏を交えて語っていた。

こうしてひとしきりトークが終わったところで、牧野はグランドピアノのもとに着席。切ないナンバー「春待ち風」を、曲の世界観にも合ったピンクブルーの照明のなか、甘く切なく弾き語りスタイルで披露すると、そのままスポットライトに当たりながら、ピアノの独奏から始まる「今日も1日大好きでした。」へ。

歌声はさらに丸みを帯び、この場にいる一人ひとりの近くで語りかけるように歌われたものに。優しさと柔らかさとを持った、幸せを祈りながら聴き手に寄り添うような歌声だった。そこからうって変わって、今度は哀しさ強めのナンバー「碧の香り」をぽつりと歌い始める牧野。碧の世界でピアノを奏でながら響かせゆく歌声は、曲が進むにつれてその中の想いがどんどん膨らんでいく。

さらに2サビ明けの間奏では奏者としても曲に入り込み、ピアノを激しく奏でていった。それと真逆にハッピーでいっぱいのナンバーが、続く「幸せのため息」。冒頭は吐息多めに入っていくと、落ちサビでは聴く側がとろけるような甘い歌声と生ため息も披露。リリースから幾年経っても、歌声を通じて聴く側にも幸せをくれる曲だ。ちなみに、音源ではホーンセクションだった間奏でのパートは、今回はストリングスの音色で表現。
○■もちろんあります! 恒例のクラシックコーナー

ここまでを「怒涛のピアノコーナー」と総括した牧野は、続いてアルバム『UP!!!!』について「Disc1にLIVE CONCERTでみなさまと育ててきた曲を、Disc2には私がピアノを弾かせていただいている曲を収録しました」と語り、そのねらいについても「今までの軌跡をたどるようなものを作りたいなと思った」と明かしていた。

そんな楽曲の中から、次に歌う曲がデビュー初期、レコーディングで自ら歌うために初めて弾いた曲と予告。「全然上手にピアノが弾けなくて、トイレに駆け込んで泣いたのをよく覚えています」と思い出を懐かしみつつ語ったところで、ライブでは久しぶりの歌唱となるその曲、「you are my love」の披露に移る。

天を見上げて曲に“入って”から奏で始めたピアノ1本と歌声だけでの披露となり、演出もピアノと自身だけにライトが当たるというシンプルなもの。それでも充分勝負できるほどの上質な魅力をこの曲に持たせて、ときに強く、ときに細く甘い歌声で表現されたら、もうたまらない。

さらに続けた「アルメリア」の弾き語りバージョンでは、青の照明のなかピアノの音色とともに、澄んだ水の中にたゆたうような感覚を聴く者に与える、ゆったりと会場全体を包み込むような歌声を聴かせてくれた。

公演も中盤に差し掛かったところで、続いてはこちらも恒例・クラシックコーナーへ。クラシックコンサートプログラムのように、演奏する曲目について牧野から解説が行なわれると、毎回このコーナーのたびに観客から大歓声の上がる、チェロを担当する牧野の高校の同級生・渡邉雅弦がステージに。

ひとしきりトークももりあがったところで、「私たちは、戦いに出ますか」との言葉からA.ピアソラの「リベルタンゴ」の演奏へ。互いに主旋律を取り合いながら、主題をリフレインするごとに互いの音が激しさを増すこの曲は、その“戦い”という言葉がズバリあたるもの。そのうえで徐々にスピード感もUPしていき心にビンビン響くサウンドをふたりで作り上げると、ラストフレーズはビシッと揃えて、見事にキメてみせた。

●歌声はつながり、どこまでも広がっていく
○■歌声でもダンスでも、とにかく魅せまくる後半戦

曲が終わると、「Merry-go-round」のバンドMIXが流れるなか牧野が一旦降壇。バンドメンバーが主旋律を順番に執っていき、Dメロ明けにはダンサーも登場してフィーチャーされステージを彩ると、「夏休みの宿題」のイントロで牧野が再登場。

アップテンポながらも歌詞にちょっと甘酸っぱさのあるナンバーらしく、歌声は押しすぎないもの。しかしその場の盛り上がりと楽しさからか、牧野の表情は常に笑顔だ。そして注目(?)の三宅のギターソロでは、本当にペットボトルを用いて弦を押さえる“ラベンダーティー奏法”を実演。

こういったとっさの遊び心を持つ存在が牧野を支え、彼女にいろんなものを与えているのだろう。続く「ユーフォリア」では、ベールのように薄く、甘く歌いだしていく牧野。キー高めということもあって、全体的にファルセットもうまく織り交ぜていく。歌声から表情からこの曲で牧野から発されるものはすべて多幸感にあふれており、その感情を1サビ「君と一緒に」のフレーズで客席へと手を伸ばしたりといった仕草も通じて、観客へとそっと手渡していくかのようだった。

そしてちょっぴり切ないナンバー「スケッチブックを持ったまま」では、牧野の視線はより優しいものに。憧憬の念を起こさせながら少しずつ聴き手の心に接近するように想いを膨らませ、サビで開放する。サビで歌詞になぞらえるかのように照明が虹色に変化したステージ演出も、本当にニクい。

さらに、そのカップリング曲だった「遠くまで行こう」にそのまま突入すると、イントロ鍵盤ハーモニカを自奏。スキップするような軽快な曲を、スタンドマイクを前に、変わらぬ甘いボーカルで笑顔で観客に届けてくれていた。

そしてライブもいよいよ終盤。バンドメンバーダンサーをひとりずつ紹介してフルメンバーステージに揃ったところで、コール・アンド・レスポンスでさらに場内の一体感と熱量を高めていくと、そのコールのもととなった曲「ワールドツアー」からライブ終盤戦がスタートする。

牧野LIVE CONCERTならではの、温かみの強い一体感を伴って盛り上がるこの曲がラストブロックの幕開けを飾るというのもいい構成。直前に交わしたコールがサビで改めて曲に乗って返ってくると、牧野も満足気な笑みを浮かべていた。それに続いたのは、一転シリアスなナンバー「synchronicity」。

イントロから牧野の表情は凛としたものに変わり、サビでは振付も交えながらシャープな歌声をリスナーに向けて飛ばしてくる。自身がヒロインを演じた『ツバサ TOKYO REVELATIONS』のOPだったこの曲。そこに由来する少女性と強さを両立させた歌声は、リリースから10年以上経っても不変だ。またこの曲では、2サビ明けにはダンサーを従えてのダンスも披露。

さらに、ここでEDM調にアレンジを施された「secret melody」も投入され、ダンスというポイントがフィーチャーされていく。それを受けての客席の動的な盛り上がりも感じてか、2サビに入ると牧野の歌声にもより力が入り、2曲続けて強さとかっこよさを示してくれた。

気づけば2日間のLIVE CONCERTも、本編ラストナンバーに。「みなさまには、一緒に歌っていただきたいと思います」と告げてから披露されたのは、歌と音の広がりを歌ったナンバー「ハウリング」だ。曲の入りは優しめにアプローチすると、Bメロ・サビと曲が進むにつれて少しずつ歌声を前へと押し出していき、場内へと自らの歌声を広げていく。

歌唱中にときおり天を見上げ、続いて客席を見回したのは、曲のテーマ通りに歌声の広がる先を感じ意識していたからだろうか。そしてDメロでは歌唱前の牧野の求めに応じた観客からの大合唱が起こり、マイクを向けながらその声を受け止めた牧野は、極限に嬉しそうな顔をみせる。その笑顔のまま最後まで歌い上げると、「最高の歌声をありがとう!」とシャウトし、ジャンプエンドで本編を締めくくった。
○■最後の最後まで、「またすぐ観たい!」と思わせるステージ

そこからしばし続いたクラップアンコールを経て、牧野が再登場。アンコールとして「Reset~Acoustic Version~」を、自らのピアノ演奏でスタートさせる。しっとりと入りながら、それでいてサビではまっすぐスーッと飛ぶように素直に歌うと、途中からチェロもそのサウンドに加わり、2-Aメロではピチカートも交えて楽曲中のアクセントに。

2サビ以降は曲展開に応じて歌声の強弱が変化。効果的な起伏をもって、観客の心にこの曲を沁み渡らせてくれた。曲の世界観に繊細に寄り添う、ダンサーによるコンテンポラリーダンスも印象的な1曲となった。

歌唱後、楽曲の余韻残るなか牧野は、次の曲に向かうにあたって観客に起立を促すと、「私の“踊ってみた”動画のなかから、満を持して……」と、ラストナンバーとして「ふわふわ♪」を予告。改めて簡単な振付講座を行なったところで披露へと移る。

イントロからクラップが起こって早くも会場中を一体感が包むなか、楽しそうにダンスしながら歌いゆく牧野。切ない恋心を歌った楽曲ではあるが、そのフロアの様子を目にしたからこその、ライブならではの感情の発露が起こっていたように感じられるパフォーマンスだ。

そんななか、1サビでは上富良野町のゆるキャラ・らべとんも登場。さらに間奏ではステージ前方から後方に向かってのウェーブも成功させ、場内に一体感と楽しさとが渦巻くなか、ジャンプエンドで楽曲を締めくくった。そして「本当に幸せな時間をありがとうございました。2日間のLIVE CONCERT、最高でした。もう、またすぐやりたい!」と意欲も見せ、バンドメンバーを送り出す。

最後に盛りだくさんに詰め込みすぎた2日間を「自分の首を絞めた部分もあった」と振り返りながらも、それをまっとうできるよう支えてくれたスタッフバンドメンバーへ、そして重ねてファンへも感謝の言葉を述べると、大きく手を振りながらステージを降りたのだった。

『UP!!!!』のリリースという機会もあってか、その収録曲をはじめ、デビュー初期から最近リリースの曲までバランスよく披露された今回のLIVE CONCERT。そのなかで、様々な経験を経て、リリース当時よりパワーアップした“今”を感じさせてくれる公演になったように思う。聴かせる曲から一緒に高まる曲、そしてクラシックコーナーと“牧野由依ならでは”の円熟味が増しつつある彼女のLIVE CONCERT

熱烈なファンでなくても、音楽が好きな人にはひとりでも多く次の機会に足を運んでほしい……いや、正直「行かないと損だ」とさえ、筆者は心から思っている。この6月2日の公演は、そう伝えたくなるほどのものだったのだから。

ポッカサッポロ 富良野ベンダーティー Presents YUI MAKINO LIVE CONCERT「What's UP!!!!」”DAY2
SET LIST】
M01.A WINTER STORY
M02.Brand-new Sky〔UPDATE〕
M03.囁きは“Crescendo” 〔UPDATE〕
M04.Cluster〔UPDATE〕
M05.Precious
M06.春待ち風
M07.今日も1日大好きでした。
M08.碧の香り
M09.幸せのため息
M10.you are my love
M11.アルメリア -弾き語り-
M12.リベルタンゴ(A.ピアソラ) ※クラシックコーナー
M13.Merry-go-round Band Mix
M14.夏休みの宿題〔UPDATE〕
M15.ユーフォリア
M16.スケッチブックを持ったまま
M17.遠くまで行こう
M18.ワールドツアー〔UPDATE〕
M19.synchronicity〔UPDATE〕
M20.secret melody〔UPDATE〕
M21.ハウリング
EN1.Reset~Acoustic Version~
EN2.ふわふわ♪
(須永兼次)

画像提供:マイナビニュース