【パーフェクトワールドモデルプレス=6月25日】俳優の松坂桃李が主演を務めるドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレフジテレビ系、毎週火曜よる9時~)が、25日の放送で最終回を迎え、SixTONES・松村北斗と女優・岡崎紗絵のシーンに反響が寄せられた。<※ネタバレあり>

【関連記事】菅田将暉「パーフェクトワールド」最終回出演に「びっくり」「ナチュラル過ぎて気づかなかった」の声

松坂桃李主演「パーフェクトワールド

同作は、不慮の事故により車いす生活を送ることになり、生涯一人で生きていくと決めていた建築士・鮎川樹(松坂桃李)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会し、心を通わせていくことで2人の生き方が変化していくラブストーリー

◆「パーフェクトワールド」晴人&つぐみの結末は?

松村は樹の後輩で義足の渡辺晴人を、岡崎はつぐみの妹・しおりをそれぞれ演じた。

レンタル彼女”で出会ったしおりに一目惚れしたが、一度は義足が原因で距離を置かれてしまった晴人。その後もアプローチを続け、つぐみを一途に想い続ける是枝洋貴(瀬戸康史)を好きだったしおりの良き相談相手となっていた。

最終回では、しおりとの関係を知らない樹に「俺は運命だと思ってるから将来、いっくん(樹)のことを兄貴って呼ぶ日が来るかも」とニヤリと告げた晴人。

そして、二級建築士合格をしおりに報告。しおりに「やっぱ好きだ~!」と思いを爆発させ、“受かったらアメちゃんをあげる”と言っていたしおりから本当の飴をもらい、喜んだ。

樹とつぐみが結婚し、幸せな結末を迎えたエンディングでは、晴人としおりのデートシーンも。腕を組もうとしてしおりから拒否されてふてくされた晴人だったが、すぐにしおりが手を繋いで…という今後の2人の展開を期待させるラストだった。

放送後、ドラマ名のほか「晴人くん」もTwitterのトレンドワードランクイン。「はるしお良かったー!」「幸せになって」「喜んでる晴人くん最高に可愛い」など反響が寄せられていた。(modelpress編集部)

情報:カンテレフジテレビ


Not Sponsored 記事】

岡崎紗絵(C)カンテレ