Raspberry Pi Foundationは6月24日(米国時間)、「Raspberry Pi 4 on sale now from $35 - Raspberry Pi」において、Raspberry Pi 4の販売開始を発表した。もっとも廉価なモデルで35米ドルからとされている。掲載されているモデルおよびスペックは次のとおり。今回のモデルメモリサイズを1GB、2GB、4GBから選択できるようになっている。

Raspberry Pi Foundationは、Raspberry Pi 4をサポートするため、リリースが予定されているDebian 10 Busterベースに開発されたRaspbianソフトウェアの出荷も開始したと説明。同ソフトオーバーホールが実施され、新たなアプリケーションが導入され、ユーザーインタフェースも改善されている。

Raspbianは「Raspberry Pi Downloads - Software for the Raspberry Pi」からダウンロード可能。記事では、既存の環境からアップグレードするのではなく、新たにイメージダウンロードしてきて利用することを推奨している。その場合、先にバックアップをとっておくことを忘れないようにとアドバイスしている。

Raspberry Pi 4は電源コネクタがUSB micro-BからUSB-Cに変更され、電流が500mAほど以前のモデルよりも余裕が生まれている。また、デュアルディスプレイに対応するためにHDMIコネクタがフルサイズからマイクロサイズに変更されている。
(後藤大地)

画像提供:マイナビニュース