DREAMS COME TRUEデビュー30周年イヤーとなる今年2019年に開催される4年に一度の音楽の祭典『ドリカムワンダランド2019』のために、凄腕ミュージシャンが集結することが発表された。

吉田美和の歌唱を支える中村正人の6弦ベースリズムセクションで強力タッグを組むのは、アースウィンド&ファイヤー2代目ドラマーとして1987年から活躍してきたソニー・エモリーと、日本屈指のフュージョンバンドT-SQUAREの坂東 慧(ばんどうさとし)によるツインドラム。

ドリカムサウンドに必須のホーンセクションは、元タワー・オブ・パワーホーンセクションのキーマン、グレッグ・アダムスをリーダーに、日本を代表するインストゥルメンタルグループDIMENSIONメンバー勝田一樹(テナー・サックス)や、本間将人(アルトサックス)、マイケルスティーヴァー(トランペット)、ジョニー・バモント(バリトンサックス)らからなる8人編成。

バッキングボーカルは、テレビ朝日関ジャム 完全燃SHOW』での共演も記憶に新しい浦嶋りんこYURIというキャスティング

さらに、総合演出家である吉田美和と、内外においてコレオグラファーとして高い評価を受けるSHIGEにより振り付け/演出される、AKS、D-SOLDIERS、D-FAIRIES、黒ドリダンサーズという総勢43名のトップダンサーパフォーマンスが、ドリカムの名曲を彩る。

また、先に発表された、20年ぶりに新曲「SPOIL!」をリリースするファンク・ザ・ピーナッツの参加も決定した。

■中村正人・吉田美和コメント

 30 周年の今だからこそ可能となる最強の「血湧き肉躍る」生LIVE を、最強のミュージシャンダンサースタッフ一丸となって、お届けします。
選曲も30 周年ならではのディープなもの。どうぞお楽しみに!

■ソニー・エモリー(ドラムス)コメント

ソニー・エモリー

ソニー・エモリー

長年、DREAMS COME TRUEには驚かされてきて、凄いな、とずっと思っていました。DCTの音楽の方向性と、コンセプト全体が好きです。
幸運なことに、前回2015年ドリカムワンダランドで、ドラマーとしてリズムセクションに参加しました。Masaと一緒に最強のリズムを築くという責任ある仕事をするのは好きだし、いつも楽しい。

■グレッグ・アダムス(トランペット)コメント

グレッグ・アダムス

グレッグ・アダム

MiwaMasaグレートミュージシャンであり、親愛なる友達です。長年に渡って二人と共に仕事をしてきたことは私の宝です。
ドリカムワンダランド 2019 には、私はホーンセクションのメンバーとして参加します。またホーンアレンジャーとしても頑張ります。

Musician&Performer>
Drums:Sonny Emory (Eric Clapton, Sonny Emory's Cachet, ex-Earth Wind and Fire, Lee Ritenour) / 坂東 慧(T-SQUARE)
Trumpet:Greg Adams (East Bay Soul, ex-Tower of Power, Chaka Kahn, The Rolling Stones)/Michael Stever (East Bay Soul, Brian Culbertson, Rufus) / 遠山 拓志
Saxophone:Johnnie Bamont (East Bay Soul, Huey Lewis and the News. Boz  Scaggs) / 勝田  一樹(DIMENSION) / 本間 将人
Trombone:半田信英/榎本 裕介
Guitar:武藤 良明
Keyboards:大谷 幸
Backing Vocal:浦嶋 りんこ / YURI
Computer Programming:最上 三樹生
AKS(Performance):SHIGE / KEITA / INO-D
▼D-SOLDIERS:MIKKA / 50(FIFTY) / CHALI / 周平 / DAISUKE / KODAI
▼D-FAIRIES:$ayaka / Momoca / Marino / AMI / NAO / Amami
※「ドリカムワンダランド 2019」と「ドリカムの夕べ」出演者は、それぞれの意図から異なりますのでご了承ください。

DREAMS COME TRUE