(dusanpetkovic/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

小学生が将来なりたい職業、ユーチューバー。ヒカキンをはじめ、有名ユーチューバーは個性に満ちあふれた動画を日々投稿している。だが実際、活動したことがある人はどれくらいいるのだろう。

 

■活動しているのはごくわずか

しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の3.9%が「ユーチューバーとして活動したことがある」と回答した。

ユーチューバーとして活動したことがある人はどれくらい?

投稿する人はほんの一握り。かつてヒカキンがテレビ番組で「数分の動画を編集するのに数時間かかる」と明かしていたように、動画を撮れても編集するのが難しいと感じ、ユーチューバーデビューに二の足を踏む人もいるのだろう。

また、男女別にみると男性は5.4%、女性は2.6%と差は見られなかった。

 

■60代ユーチューバーも

さらに、男女年代別に見ると、10・20代男女は他の世代より比較的多く活動している。

男女年代別

SNS世代で普段からネットに慣れ親しんでいることから、動画を投稿することに抵抗を感じないのだろう。

一方で、「60代 ユーチューバー」と検索してみたところ、「『ばあちゃんだってYOUTUBERになりたい!』」とホーム画面に掲げたユーチューバーを発見。「Twiter始めました」と思わずほっこりするような動画がアップされていることから、シニア世代で活動している人もいるようだ。

 

■「勧められたからやってみるか?」

ネット上では、ユーチューバーとして活動することに好意的な声も上がっている。

YouTuberってすげーなーって思うくらいやってみると難しいですが、楽しいもの作れるように頑張ります」

 

「やってみるのが大事! とりあえず明日からユーチューバーなろ!笑」

 

ユーチューバーか…。勧められたからやってみるか?」

 

まずは軽い気持ちで簡単な動画から始めてみては。

・合わせて読みたい→『しゃべくり007』にヒカキン出演 スタジオで大喜びする子供に「やらせ?」の声

(文/しらべぇ編集部・ワカメ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名(有効回答数)

小学生がなりたい職業「ユーチューバー」 活動している人はどれくらい?