世界中で再演を重ねているミュージカルの金字塔『ウエスト・サイドストーリー』の日本語版が、アジア初の没入型エンターテインメント施設「IHI ステージアラウンド東京」にて上演されることが決定した。

日程は、2019年11月から2020年5月まで、7ヶ月にわたるロングラン公演を3シーズンに分け、異なる日本キャストで上演。さらに、メインキャラクターであるトニーマリアアニータ、リフ、ベルナルドは各シーズンそれぞれダブルキャストとなり、豪華俳優たちがオーディションで役をつかみ取った。

本劇場は、約1,300人もの観客を乗せて360回転する円形客席を劇場の中心に配置し、その周りをステージと巨大なスクリーンが取り囲む、斬新で壮大な劇場システムを有している。初演から60年以上、世界中で愛されてきた本作もこの劇場に合わせ、演出が一新。世界で初めて“ステージアラウンドバージョン”の『ウエスト・サイドストーリー』が誕生する。

注目の Season1(2019年11月6日(水)~2020年1月13日(月・祝)上演)で主役のトニーを演じるのは、宮野真守蒼井翔太。そしてヒロインマリア役を北乃きいと笹本玲奈がそれぞれ務める。

(左から)北乃きい、宮野真守、蒼井翔太、笹本玲奈

(左から)北乃きい宮野真守蒼井翔太、笹本玲奈

また、アニータ役は樋口麻美と三森すずこが、リフ役は小野田龍之介と上山竜治が、ベルナルド役は中河内雅貴水田航生が演じることが決定した。加えて小林隆、堀部圭亮、吉田ウーロン太、レ・ロマネスクTOBIも出演する。なお、Season2、3の出演者は後日発表されるので、楽しみにしておこう。

 (上段左から)小野田龍之介、樋口麻美、中河内雅貴(中段左から)上山竜治、三森すずこ、水田航生(下段左から)吉田ウーロン太、小林 隆、堀部圭亮、レ・ロマネスクTOBI

(上段左から)小野田龍之介、樋口麻美、中河内雅貴(中段左から)上山竜治、三森すずこ水田航生(下段左から)吉田ウーロン太、小林 隆、堀部圭亮、レ・ロマネスクTOBI

2019年8月19日(月)からは海外キャストによる『ウエスト・サイ ド・ストーリー』来日公演も行われ、IHI ステージアラウンド東京では来年春までの間、様々な『ウエスト・サイドストーリー』を楽しむことができる。「マリア」「アメリカ」「トゥナイト」など聞き覚えのある曲が多く、ミュージカルを観たことがなくても身近に感じられる本作品。さらに客席が360°回転し全方向のステージを楽しめるこの会場で、どんな新たなエンターテインメントが生まれるのか? 貴重な本公演を見逃さないでおこう。

Season1出演者コメント

トニー役:宮野真守(Wキャスト) 
今回、IHI ステージアラウンド東京で ”世界初演”として上演するということで、非常にありがたい機会をいただいたと思っています。僕はミュージカル初主演になりますし、ブロードウェイミュージカルも初なので、いろんな”初”が目白押しなんです。プレッシャーも大きいですが、ここに居させていただける喜びを感じつつ、仲間と切磋琢磨していきたいです。僕はあのステージ(※2017~18年に劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 月《下弦の月》を IHI ステージアラウンド東京で上演)の経験者ですが、初めてあそこに立ったときに「ある意味今までの経験が参考にならないってこういうことなのかな」と感じたんです(笑)それぐらい画期的で、まさにエンターテインメントの最先端を行っているステージです。あの劇場だからこそできることがたくさんあるので、出演者も観客のみなさんも今までに見たことのない経験ができると思います。僕にとっても大きな大きなチャレンジになります。ぜひ応援してください!

トニー役:蒼井翔太(Wキャスト) 
60年以上変わらず愛されてきて、これまで多くのみなさんが繋がれてきたこの作品に、自分としてもまた新しいエッセンスを加えられたらいいなと思います。僕は結構声が高いですが、その蒼井翔太がやるからには新しいところを少しでも出せていけたらいいですね。ステージアラウンドの舞台に立ったことがないので、どういうふうに動くのか、未知というかまだ想像できないんです。きっとお客様もただ観ているだけじゃなくて、席が動いて、キャストと一緒に作り上げているような感覚になれるんじゃないかなと思います。「ウエスト・サイドストーリー」の主役を演じるというのは、プレッシャーです。でも、神様からのお告げじゃないですけど、そのプレッシャーを楽しめよって言われている気がして…。僕が楽しまないと観ている方々にそれが伝わらないと思いますし、まだまだ知らないことがたくさんあるので自分の中にそれを吸収して、120%以上の演技やパフォーマンスをみなさんにお届けできたらと思っています。 

マリア役:北乃きい(Wキャスト 
初めてのミュージカルオーディションで、自分なりにいろいろと準備したのですが、正解が見つからなくて。オーディション当日、会場の部屋の扉を開ける直前まで自信がなくて「1%の希望もないんじゃないか…」という感じでした。でも扉を開けた瞬間に「マリアは私しかいない!」って思ったんです。こんなこと初めてでした。部屋に入った時には別人みたいになっていて、もうマリアとしてそこに立っていました。そして、オーディションが終わって部屋を出た時には自分に戻っていました(笑)。そんな今までにない体験をしたので、その時の感覚を大切にして本番に挑みたいと思います。今回は「世界初」ということで演出も変わってきますが、激しいダンスも多いから演じるほうも楽しいでしょうね。今まで以上に”歴史”を作りそうな気がします。(演出の)デイヴィッドセイントさん、共演者のみなさん、そしてオーケストラのみなさんと一緒に、新しい『ウエスト・サイドストーリー』を作っていけたらいいなと思っています。大切に時間をかけてお客様に素敵なものを届けられると思うので、ぜひ観に来てください。 

マリア役:笹本玲奈(Wキャスト) 
この作品の出演が決まったと伝えたときに一番喜んでくれたのは、祖父母と両親でした。映画公開時に映画館で観ていたそうで、とても歴史の長い作品なんだなと改めて感じました。時代ごとに演出が変わり、その時代に生きる人たちの心を鷲掴みにする作品に生まれ変わることが多々あります。本作もそんなふうになればいいなと思っています。マリアは若さが溢れ初々しく活発で明るいイメージがあるので、歌って踊るシーンではお客様にニコっと笑っていただけるようなマリアになりたいです。オーディションの時のダンス審査で久しぶりにダンスシューズを履いて踊ったらすごく楽しくて。稽古や本番はもっともっと楽しいんじゃないかな、とワクワクしました。60年以上の歴史あるミュージカルの大作が、全世界で初めて、客席が360°回転する劇場で上演されるということで、私自身もすごく楽しみです。お客様も作品に入っていけるような、一緒に体感できるものになると思いますし、お年寄りの方はもちろん若い方も、ご家族揃って是非お越しください。 

■演出デイヴィッドセイント 
過去にも『ウエスト・サイドストーリー』を著者のアーサー・ローレンツとともに、ブロードウェイをはじめ世界中で演出させていただいておりますが、このように革新的な方法で演出するのは初めてです。360°回転するステージアラウンドシステムにより、マンハッタンの街並みに完全に没入するような世界感を表現することができたり、様々なアワードを受賞している素晴らしいデザイナー陣のおかげで、この傑作を完全に新しい方法でステージングできます。また、大変才能溢れる日本の俳優さんたちとともに、今まで見たことのない手法で、この名作に新しい息吹を吹き込めることを大変楽しみにしております。

ストーリー】 
舞台は、1950年代後半のニューヨーク、マンハッタンのウエストサイドセントラルパークを挟んで、イーストサイドが高級住宅街で、ウエストサイドには多くの移民が住んでいた時代の物語。この頃のニューヨークは、世界中から多くの移民が夢と富を求めて集まってきた時代だった。彼らはそれぞれギャング集団を作り、お互いに敵対し合う。しかし、ポ ーランド系移民のトニーと、プエルトリコ系移民のマリアは偶然出会い、激しい恋に落ちてしまう。禁断の愛は多くの人を巻き込み、悲劇の連鎖を生む…。シェイクスピアの悲劇『ロミオとジュリエット』に着想を得た作品。偏見、暴力の世界で生き抜いていくために恋にもがく作品であると、この作品の脚本家アーサー・ローレンツは言う。