20歳のサッカー選手が引き起こした交通事故により、新婚の夫婦が死亡したと、『Marca』が伝えている。

事故を起こしたのは、U-20メキシコ代表FWジョアン・マレク。今季はサントス・ラグーナからセビージャアトレティコセビージャのリザーブチーム)に貸し出されていた。

事故はマレクの故郷であるメキシコのグアダラハラで発生。

衝突された車に乗っていた、35歳と26歳の新婚夫婦が死亡した。ショッキングな事故映像も公開されている。

マレクは事故前にパーティでの様子をSNS上にアップしており、飲酒運転だっかかの捜査も行われているとのこと。また、彼の車は制限速度を超えるようなスピードを出していたという目撃証言もあるそうだ。

U-20代表選手、交通事故…新婚夫婦を死亡させる