世界食糧計画(WFP)は25日に公表した報告書で、2019年北朝鮮への食糧支援に必要な資金5370万ドル(約57億6000万円)のうち、これまでに2980万ドルを確保したと明らかにした。当面、11月までの支援のためにさらに約2000万ドルが必要な状況だという。

一方、韓国政府は国連世界食糧計画(WFP)を通じ北朝鮮に国内産のコメ5万トンを提供することを決めている。韓国が北朝鮮にコメを送るのは2010年以来、9年ぶりで、国際機関を通じて北朝鮮に国内産のコメを提供するのは今回が初めて。

朝鮮人民軍傘下「第1116号農場」を現地指導した金正恩氏(2017年9月30日付労働新聞より)