スイス連邦工科大学ローザンヌ校の有人ソーラープレープロジェクトSolar Impulse」のスピンオフ企業「H55」はこのほど、同社の電気推進システムを搭載した電動飛行機フライトが成功したと発表した。

飛行に成功したのは2人乗りの小型飛行機「Bristell Energic」で、同社によるとすでに航空学校などから“かなりの引き合い”があるという。

・電気代は1時間7ドル

Bristell Energicは2つの50kWhバッテリーパックを搭載し、90分の飛行が可能。完全電動なのでもちろんエミッションフリーで、騒音も従来タイプより少ない。しかも飛行コストは1時間あたり推定7ドルとリーズナブルなのも売りだ。

こうしたメリットから、飛行を日々繰り返す航空学校がBristell Energicの導入に前向きのようだ。航空学校での訓練飛行は1回あたり平均45〜60分で、Bristell Energicで十分トレーニングができる。

・ソーラー発電機の経験

電気飛行に関しては、H55はSolar Impulseでかなりの実績を積んでいる。Solar Impulseは名称にある通り太陽光で発電し、それをもとに飛ぶ飛行機。これまでに4万5000キロも飛行した。

航空業界ではこのところ、小型機で電動化の動きが活発になっている。Techableでも紹介したように、すでにHabour Airのように電動タイプを定期便に活用する会社も出てきている。

空の旅も、そしてパイロットの訓練までも“クリーン”に行う時代になったようだ。

H55

(文・Mizoguchi)

パイロット養成に使う飛行機も電動に! H55が小型機の初フライトに成功