●5.2リットルV8は「世界で最も密度の高いスーパーチャージャー」

フォードは、アメリカンマッスルカーの代表格である「マスタング シェルビーGT500」の2020年モデルを1月のデトロイトモーターショーで初公開しましたが、その驚愕のスペックが判明しました。

詳細画像はこちら

新型では、フォードのレーシング部門、フォードパフォーマンスの技術やノウハウが注ぎ込まれ、パワーレインには、世界で最も密度の高いスーパーチャージャーと主張する5.2リットルV型8気筒エンジンを搭載。

詳細画像はこちら

デトロイトモーターショーでは700馬力を超えると示唆していましたが、予想を上回る最高出力760ps・最大トルク847Nmを発揮すると判明しました。7速DCTと組み合わされます。また0-400m加速11秒以下、最高速180マイル(289.6km/h)、0-100km/h加速は公表されていませんが、3.0秒以下と噂されています。

詳細画像はこちら

特殊機能では4つのエキゾーストモードを持ち、キャビン内のノイズキャンセリングシステムにより耳に心地よい音を与えてくれるほか、空力特性を極限に追求したフロントエンドにより、ドライブレインの冷却能力を50%向上させます。

オプションカーボンファイバートラックパッケージは、カーボンファイバーホイールやレカロシート、大型リアウィングを装備し、時速180マイル(288km/h)で500ポンド(227kg)のダウンフォースを生むといいます。

発売は今夏が予定されており、「GT350」より60,235USドル(約650万円)高価となりそうです。

(APOLLO)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

新型シェルビーGT500、世界最強のスーパーチャージャーV8を搭載。出力は驚異の760馬力(http://clicccar.com/2019/06/26/866243/)