練習生からレギュラーの座を掴むも…元同僚・久保康友との対戦を最後にリリース

 メキシカンリーグのスルタネス・デ・モンテレイでプレーする元DeNA荒波翔外野手が25日、球団から戦力外通告を受け、リリースされた。

 荒波は2月下旬に練習生としてモンテレイのキャンプに合流。走攻守で存在をアピールし、契約を勝ち取り、「1番・センター」のレギュラーの座を掴んでいた。ここまで47試合に出場し、打率.293、0本塁打、12打点、7盗塁、46得点、出塁率.382、22四球、32三振の成績だった。

サムライシリーズ」として行われた21日のブラボス・デ・レオン戦では、レオンプレーする久保康友投手との元DeNA対決に挑んだが、3打席とも抑えられ、この試合4打数無安打。これがモンテレイでの最後の打席となった。(Full-Count編集部)

メキシカンリーグのスルタネス・デ・モンテレイから戦力外となった元DeNAの荒波翔【写真:球団提供】