チリ戦で代表デビューもその後出番なし「世界で通用するプレーができると証明したい」

 森保監督率いる日本代表は、現地時間24日に行われたコパ・アメリカ南米選手権)のグループリーグ第3戦でエクアドルに1-1で引き分け、得失点差でブラジルが待つ準々決勝への進出は叶わなかった。初戦のチリ戦(0-4)でA代表デビューを飾ったGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)は、「海外でやっていないからと思われるのは嫌」と国内で世界レベルにまで成長したいと思いを口にした。

 招待国として参加した今大会、日本は代表チームに選手の拘束権がなく、東京五輪世代18人、平均年齢22.3歳(大会開幕時)と若い陣容で臨んだ。そのなかで大迫は、U-20ワールドカップ出場を回避する形で、キリンチャレンジカップコパ・アメリカメンバーとしてA代表に初選出された。

 グループリーグ初戦のチリ戦でゴールマウスを託されたが、セットプレーと連携の隙を突かれて4失点。足元のテクニックを披露する場面もあったとはいえ、A代表デビュー戦はホロ苦いものとなった。

 続くウルグアイ戦(2-2)では、36歳のGK川島永嗣(ストラスブール)がスタメンに抜擢され、FWエディンソン・カバーニパリ・サンジェルマン)との1対1を止めるなど好セーブを連発。そのパフォーマンスが買われる形でエクアドル戦にも起用され、大迫はラスト2試合をベンチから見届ける形で大会を終えた。「1試合しか出られなかったのが現実で、悔しさもあります」と、19歳の若武者は胸中を明かす。

「(東京)五輪を通過点として考えるうえで、(川島)永嗣さんが(オーバーエイジ枠で)入ってくるかもしれない。海外でやっていないからと思われるのは僕自身嫌なので、日本でやっていても世界で通用するプレーができると証明したい。また日本に帰って、自分自身に足りなかったものを整理しながら、また呼んでもらえるようにやりたいですね」

「今までもこういう国際大会を経験したけど、同じ意味ではないと思う」

 日々の練習で川島の背中を追い、アウェーで本気の南米勢と対峙する――。記録上こそ、「A代表出場1試合」だが、大迫にとってかけがえのない2週間となったのは間違いない。

「世界で経験のある永嗣さんと一緒にトレーニングができたり、そういう選手のプレーを目の前で見られたのは間違いなく刺激だし、これからの自分につながると確信しています。今までもこういう国際大会を経験しましたけど、同じ意味ではないと思います」

 今季、所属クラブの広島で19歳にしてレギュラーの座を奪い、A代表に上り詰めた若き守護神は、新たな刺激を手にさらなる高みを目指す。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

(左から)日本代表GK大迫、GK川島【写真:Getty Images&AP】