なでしこジャパンは女子W杯ベスト16敗退 微妙なPK判定を取られた熊谷は泣き崩れる

 なでしこジャパン(日本女子代表)は現地時間25日、フランス女子ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でオランダと対戦し、1-2で敗戦。3大会連続の決勝進出を目指していたなでしこジャパンにとっては、志半ばでの早期敗退となったが、試合終了とともにピッチ上で泣き崩れるDF熊谷紗希(リヨン)に対するオランダの選手が見せた振る舞いに対し、海外メディアは「美しい瞬間を共有」と大々的に取り上げている。

 グループDを2位通過した日本は、グループEを3連勝で首位突破したオランダと対戦。前半17分に先制点を奪われるも、同43分にMF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)がゴール右上に突き刺す一撃を決めて1-1の同点に追いついた。しかし、後半43分に熊谷がペナルティーエリア内でハンドを取られてPKを献上。これを確実に決められ、日本はベスト16で姿を消すことになった。

 3大会連続の決勝進出を見据えていたなでしこジャパンにとっては、悔やまれる早期敗退となったが、米紙「USAトゥデイ」は「物議を醸す終幕の直後、敵同士が美しい瞬間を共有」との見出しを打って報じ、PKを取られた場面は熊谷の肩付近に当たっていたようにも見えたことから、「疑問の余地が残る判定だ」と指摘し「残酷な展開」と表現。疑惑のジャッジとなったことを強調したうえで、試合終了直後のシーンに脚光を当てている。

「試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、彼女は露骨に取り乱した」と熊谷がピッチに崩れ落ちた姿に触れつつ、「リヨンで同僚のファン・デ・サンデンはすぐさま彼女を慰めに歩み寄った」と、オランダ代表FWシャニセ・ファン・デ・サンデンが号泣する熊谷を温かく抱き締めた様子を伝えていた。

 このワンシーンに「ファンは熊谷を気の毒に感じているが、このスポーツマンシップを愛している」と綴った。熊谷にとっては自身のハンド判定が勝敗を分けてしまう厳しい一戦となったが、オランダの選手たちが示したリスペクトは、両者が素晴らしいゲームを演じたことを物語っていた。(Football ZONE web編集部)

日本はオランダに1-2で敗れ、3大会連続のW杯ベスト8進出を逃した【写真:Getty Images】