乃木坂46が出演するドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいる』の完成披露試写会が25日、六本木TOHOシネマズで開催され、メンバーの秋元真夏、梅澤美波、齋藤飛鳥、高山一実、与田祐希、岩下力監督が登壇した。

前作『悲しみの忘れ方』から4年ぶりとなる第2弾。乃木坂46エースとして存在した西野七瀬さんの卒業をきっかけに、自分探しの旅に出る少女たちの葛藤と成長を、話題のCMやドキュメンタリーを数多く手がける岩下監督が余すことなくカメラに収めた。

4年前の1作目が公開された当時は乃木坂46ファンだったという梅澤美波さんは「大好きだったグループの一員としてスクリーンに映るなんて、本当に人生何があるか判んない。映っているのは間違いなく自分なんですけれども同一人物だと思えないくらい、 すごく不思議な感じがします」と感慨深げ。

当時中学生だった与田祐希さんも「まさかこうなるとは思ってなかったので、それこそ“いつのまにかここにいて”」と笑い、「乃木坂46のことが、いつのまにか、こんなに大好きになれて本当に幸せ」と嬉しそう。

秋元真夏さんは監督の印象について「話すときに3秒以上目を合わせてくれない」と指摘。監督は「コミュニケーションが苦手。そんなやつがドキュメンタリーを撮っていいのか思いつつ、ドギマギしながら撮ってました」と明かした。高山一実さんは撮影のときにどこまで本音を話すべきか悩んでいたそうだが、「監督が“僕はただ仲良くなりたいんです”って言ってくれて、それから要らないことまで話しちゃうぐらい話しやすくなりました」と振り返った。

見どころについて高山さんは「全編通して3割ぐらい涙が出るんで、そこも語りたいんですけど、齋藤さんがエンドロールで寝ているところがメッチャ可愛い」と身振りを交えて紹介。齊藤さんは「一番の大注目点はレコ大に2年連続で受賞してみんなが大喜びしているときに、我らのマネージャーの菊地友さんが出てきてひとボケかましています。日本中が笑いにつつまれると思う」と強くアピール。さらに「卒業した西野もちゃんと出てくるので、西野ファンの皆さんにも見ていただきたい。過去を振り返ってもいいんだなという優しい気持ちになれたので、みなさんもほっこりして帰っていただけたら」と語った。

秋元さんは「いろんな姿に嘘がなくて、すごく好きだなと思った映画。観終わって“どんな飛鳥も絶対好きだからな”とすごく感じるはず」
梅澤さんは「卒業された先輩だったり、新しいメンバーが入ったりと、いろんな場面が見られるので、1秒たりとも見逃さないで」
与田さんは「乃木坂のあったかさが詰め込まれた映画。過去も今もこれからも乃木坂が大好きだし、大切なんだなと、改めて思いました」それぞれコメント

高山さんは最後に「自分たちを俯瞰的に見ることって、なかなか出来なかったんですけど、すごく素敵なグループだと気づかせてくれました」と監督に感謝していた。

 
『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』は7 月5 日全国公開。

公式HPhttps://www.2019-nogizaka46.jp/
公式ツイッターhttps://twitter.com/NGZ_movie2019

「いつのまにか、ここにいる」完成披露(乃木坂46)