【元記事をASCII.jpで読む】

 ロジクールゲーミングデバイスブランドロジクールG」から、eスポーツ向けの無線マウスロジクール G502 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス」(以下、G502WL)が登場した。人気の「ロジクール G502 HERO ゲーミングマウス」の高感度、高反応速度、高速追従性能をそのままに、コードからの解放を実現しているのが大きな特徴となっている。直販価格は1万8380円(税別)。主なスペックなどはコチラの記事を参照してほしいが、今回は個人的に気に入った部分について紹介する。

ボタンでも比較的コンパクトで手にフィットする

 G502WLを実際に使用してみて1番感じているのは、ジャンル問わず使いやすいということ。私は主に「レインボーシックス シージ」や「Apex Legends」といったFPSプレーしているのだが、たまに「リーグ・オブ・レジェンド」など別ジャンルゲームでも遊ぶことがある。さらに、自宅のデスクトップで仕事したりもするのだが、どんな用途でもG502WLは使いやすいのだ。

 そもそも、私はボタンがたくさんついているマウスがあまり好みではなかった。なによりデカくて重いし、握ったときに手にフィットしない製品が多かったからだ。しかし、G502WLの場合は11個のボタンを搭載しているものの、ボタン配置やサイズなどがとてもちょうどよく、しっかりと手にフィットしてくれる。

 重さも約114gとロジクール G502 HERO ゲーミングマウスと比べても軽くなっており、軽快にスクロールできる。加えて、マウスにはしっかり重さがあったほうがいいという人向けに、重さを調節するための2g×4、4g×2の重りが同梱されている。重りは底面のカバーを外すと装着する場所があるので、装着したり外したりしながら、自分にとってベストの重さにすることが可能。なお、底面にはワイヤレスアダプターも収納できるため、持ち運ぶときに便利だ。

ソフトウェアとの連携でより便利に

 G502WLは、同社のソフトウェアロジクールGハブ」と連携させることで、より便利になるので、本製品を購入した際は必ずロジクールGハブをインストールすることをオススメする。ロジクールGハブでは、ゲームアプリケーションなど用途ごとに好みの設定を保存しておける。この設定は、ゲームを起動すると自動で切り替わるため、プレーするゲームが変わるたびに設定を変える必要がないのが便利だ。さらに、プロゲーマーや人気配信者などが作成したプロファイルダウンロードして使用することができるので、どんな設定で遊ぶのがベストかというの、をいちいち設定を変えずに模索できるのもありがたい。

 ボタンの設定の割り当てが簡単にできるのもポイントロジクールGハブでは、例えばCtrl+Z、Ctrl+C、Enterといった普段原稿でよく使用する項目をボタンに割り振ってみたところ、とても作業がはかどるようになった。また、ボタンに割り振られる可能性のあるコマンドが多数用意されており、ロジクールGハブに表示されているロジクールGハブの割り当てたいボタンのところまでドラッグドロップするだけで簡単に割り振れるのもうれしい。

寝るときに充電すれば1日以上使える

 G502WLの駆動時間は、LED使用時で約48時間、LED未使用時で約60時間とかなり長い。充電時間も約90分と短いので、寝るときに充電しておけば、充電不足で困ることはまったくない。加えて、ちょっと2~3日出張に出るときなども、LEDさえオフにしておけばずっと充電なしで使用できる。ワイヤレスだと充電時間が気になってしまうかと思うが、G502WLを使っていて充電不足を心配したことは今のところない。

 また、同社のマウスパッドPOWERPLAY Wireless Charging System」を使用すれば、使用しながら充電が可能。1万7750円マウスパッドとしては高価だが、予算に余裕があれば、こちらも購入するとさらに捗る。

ゲーミングはもちろんマウスとしての完成度が高い

 そのほか、ロジクール独自技術の「LIGHT SPEED ワイヤレステクノロジー」により、ワイヤレスながら1ms(毎秒1000回)のレポートレートを実現していたり、HERO 16Kセンサーによる最大1万6000DPIの高感度だったりと、ゲーミングマウスとしての性能も高い。今まで有線のゲーミングマウスを使っていたが、ワイヤレスだからといって遅延が気になったり、突如接続が切れたりということもまったくない。

 自宅ではガッツゲームに、会社に持ち運んでバリバリ仕事にとほぼ1日中使用するほど気に入っている。価格は1万8380円とそれなりにするが、仕事用とゲーム用で分けて購入しなくていい分コスパも高く感じている。ジャンル問わずガッツゲームするためのマウスを探している人や、ゲームでも仕事でもつかえるマウスを探している人は、G502WLを検討してみてはいかがだろうか。

無線ゲーミングマウス「G502WL」がゲームに仕事に1日中手放せなくなった