『孤狼の血』の白石和彌監督による最新作『凪待ち』が6月28日(金)に公開される。本作は、宮城県・石巻を舞台に、恋人を殺され、どん底にまで落ちた男の「喪失と再生」を描いた物語だ。失業をきっかけに、恋人の故郷に移り住む男・郁男を香取慎吾が演じているほか、恋人の亜弓役で西田尚美、亜弓の娘・美波役で恒松祐里が出演。そのほか、亜弓の父親役の吉澤健、亜弓の元夫で美波の実父役の音尾琢真、リリー・フランキーがキャスティングされている。

主演の香取は、酒とギャンブルに依存し“逃げ続ける男”を、西田は恋人として、恒松は“恋人の娘”として、破滅へと向かう郁男に手を差し伸べ続ける役を演じた。激しい暴力描写や過激なテーマ性で知られる白石監督は、自ら「自身の作品の中で最も優しい」と語る本作で、何を描いたのか。本作の中心となった香取・西田・恒松の3名に、ロケ地・石巻周辺での逸話や、白石監督の演出、郁男たちの関係から感じたことなど、じっくりと語ってもらった。

 

香取慎吾の特殊な演技アプローチ

香取慎吾 撮影=鈴木久美子

香取慎吾 撮影=鈴木久美子

――白石監督はバイオレンス色の強い作品を沢山撮られていますが、『凪待ち』はとても優しい雰囲気の映画だったので、びっくりしました。みなさん、白石監督の作品に対して、どんなイメージをもってらっしゃったのでしょう?

香取:ぼくは、白石監督のことを知らなかったんです。以前番組のゲスト綾野剛さんが来てくださったことがあったので、『日本で一番悪い奴ら』は観ていました。ただ、その時は白石監督の作品だとは意識していなくて。その後に、ご一緒できるかもしれない、という話になってから観たのが、『凶悪』でした。で、「これはヤバイ作品だな」と(笑)

――『凶悪』は、かなり重い作品ですよね(笑)。西田さんは、すでに白石監督の作品を何作かご覧になっていたと聞いています。

西田:そうですね。『孤狼の血』とか……やはり、バイオレンスな映画を撮られる方という印象でした。『凶悪』は、とても好きな作品です。今回の『凪待ち』は、最初に台本を読んだときには、すごく静かな作品だと思いつつ、その中にもふつふつとしたものが見える作品になるんだろうな、という予感がありました。

恒松:私はこの作品でご一緒する前に、雑誌の企画で一度だけお会いしたことがあります。作品については以前から知っていました。怖い作品を撮られますが、ご本人は全然怖くなくて、本当に優しい方で。作品に対する愛が誰よりも大きい方だな、と思いました。

――『凪待ち』の脚本を最初に読まれたときは、どんな印象を持たれました?

香取:出来上がった作品とは違って、最初に読んだ脚本は書いてあることが少なくて……正直、静かすぎて、「この映画大丈夫かな?」と思うぐらいでした。

西田:不安要素ばっかりじゃない(笑)

香取:しょうがないでしょう(笑)。本当のことなんだから!

――(笑) 情報量が少なかったんですか?

香取:結構、少なかったですよ。感じられる人にだけ感じられる映画、という印象の脚本でした。でも、出来上がったものはすごくエンターテインメントでもあるし、わかりやすい部分はわかりやすく、ドキドキするところもあり、迫力のあるシーンもあり……という感じで。

西田尚美 撮影=鈴木久美子

西田尚美 撮影=鈴木久美子

西田:脚本を読んだだけでは、想像できない部分が多かったよね。

恒松:情報量が少なくて、現地に行ってみないとわからない作品、という感じだったので……もう、「とにかく行くしかない!」と(笑)

――白石監督によれば、香取さんは最初に脚本を読んで、現場で撮影前にセリフを覚えるそうですね。

香取:そうですね。いつもそうです。

西田:私は不安で不安で、そんなやり方は出来ないです(笑)。直前に台本を読んで頭に入れられるなんて、いいなあ、と思います。新鮮な気持ちで演じられそうで。

香取:新鮮は新鮮ですよ。『新選組!』という大河ドラマに出演させていただいたときも、次のシーンがどうなるか、あまり知らずに演じました。相手役が偉い人になって、ぼくが「今後ともよろしくお願いします!」と言うシーンの撮影があって、そのすぐ後に数話先の相手役にすごく裏切られるシーンを撮ることになっていました。ぼくが裏切られて、「どうしてなんですか!」と叫ぶんですけど、直前の撮影で「お願いします!」と言っているのに、次にセリフを覚え始めたところで、急に裏切られることを知るので、びっくりして。その時は、本当に「どうしてなんですか!」という気持ちで言えました(笑)

――それは確かに新鮮な気持ちになりますね。西田さんや恒松さんにとって、香取さんのアプローチは、やりやすいんですか?

恒松:そういうやり方で演じられていたというのを、初めて知りました(笑)

西田:私もそう!「そうだったんだ」って(笑)

恒松:でも、やりづらくなくて。むしろ自然な会話をしているみたいでしたよね。

西田:天才なんですか?

香取:いやいや……本当に、(脚本を)あんまり見たくないだけなんですよ。そういうぼくからすると、(西田と恒松の演技は)引っ張られる感じで、とってもやりやすかったです。ぼくがちゃんとしてないので、そのぶんお二人がいい意味の“適当”なところに、自然に引っ張ってくれて。

恒松祐里 撮影=鈴木久美子

恒松祐里 撮影=鈴木久美子

――郁男と亜弓と美波がそろって会話するシーンは、すごく自然な家族の風景に見えました。

香取:監督の細やかな演出があったから、そうなったんじゃないでしょうか。今思い出したんですけど……石巻に引っ越す前の(西田演じる亜弓が)おにぎりを握るシーンなんかは特になんですが、白石監督の細かい演出の積み重ねで、そう見えるようになったんだと思います。例えば、ぼくが皿を新聞で巻いて、出かけようとする亜弓を呼び止めて、お金の話をして、という流れがそうです。

恒松:動作が沢山ありましたよね。

西田:そう!私も混乱しそうになった記憶がある。白石監督は、突然現場で思いついて演出されるんです。台本には、「おにぎりを握りながら」とは書いてなくて、現場では全く想像していなかったことになるんです。おにぎりを握りながら、美波に話しかけて、郁男に「じゃあ行くから」と言って……とその場で演出をつけてもらうので、ほとんどその場での即興に近い感じでした。

香取:台本のセリフそのままでやっていたら、すごくのっぺりしたシーンになって、家族感も見えなかったと思います。短くて、テンポの速いあのシーンだけで、あの距離感が見えてくるのは、白石監督の演出があったからだと思います。

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

――繊細な演出をされるのですね。白石監督に以前お会いしたときに、朴訥とした印象を受けたので、現場でもちょっと怖い方なのかと思っていました。

西田:全然!優しくて、クマさんみたいな方ですよ。

――クマさん(笑)バイオレンス色の強いアクションシーンも、即興に近かったんでしょうか?

香取:一発で決めないといけないようなアクションが多かったので、ある程度、段取りは決まっていました。衣裳が水で濡れるシーンなんかは、やり直せないですよね。だから、一緒にやる人たちとも、蹴りやパンチが当たったら当たったで、そのままやる。ひるんで「すみません!」って言っちゃうと、NGになっちゃいますから。今回に限らず、いつも、(パンチや蹴りが)入ったら入ったでいいし、こっちも入れていきますよ、と言っています。いや、実際には入れないですよ(笑)。でも、それでNGになっちゃうよりはいい。今回も、例えば祭りのシーンは、ぼくより若い子3人が相手だったので、普通に最初に会っただけで緊張している空気とかがわかると、このままどこかのタイミングで、「すみません!」って言っちゃうとアウトですから。

――生々しく見えたのはそのせいだったんですね。一発勝負だと失敗できないので、緊張しそうですが。

香取おしりを蹴っ飛ばしてもらったりしましたよ。

――どういうことです?

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

香取:祭りの乱闘シーンでも、やったと思います。「一回、蹴ってみて」って、蹴ってもらって、「違う、全然!もっと強く」って、また蹴ってもらうんです(笑)。そうすると、ちょっと怖くなくなるじゃないですか。そうしないと、緊張して失敗しちゃうので。

――痛みに慣れるわけですね。そういうアクションをこなす香取さんを見ていて、どうでした?

恒松:日に日に、(香取の筋肉が)パンプアップしてましたよね(笑)

――(笑)

香取:数日間をあけて合うと、また顔に血のりがついてる、みたいな感じだったよね。

恒松:「ああ、昨日も大変だったんですね~」みたいな感じです。

――意外に和やかですね(笑)

 

孤立していく人に、手を差し伸べ続けるということ

左から、西田尚美、香取慎吾、恒松祐里 撮影=鈴木久美子

左から、西田尚美、香取慎吾、恒松祐里 撮影=鈴木久美子

――本作のテーマである「喪失と再生」が、東日本大震災の被害から復興していく、ロケ地の石巻や女川の様子と重なって見えました。現地の方々とは、震災の話もされたのでしょうか?

香取:いろんなところでお話をしました。すごく印象的だったのが、撮影の後半。暑い時期だったんですが、ジュースコンビニの袋に入れて、2袋くらい差し入れして下さった女性がいて。スタッフの方が止めようとしていたので、「どうしたの?」と聞いたら、「慎吾ちゃん、これスタッフの人とみんなで飲んで!」って言いながら、号泣してるんです。また、「どうしたの?」と聞いたら、「震災で家族もみんな死んじゃったの」と笑顔で言いながらも、すごく涙を流していらして。「こんなにもらえません」と言ったら、「いいから、いいから!じゃあね」って。その人のことが、すごく印象に残っていて。

――なんとも言えない感情ですね。

香取:その出来事から、自分の仕事を見直すことになったというか。「こんな思いをした人が、映画の撮影をしているぼくやスタッフに、大量のジュースを差し入れたくなる。そういう仕事をしているんだな、ぼくは」と思うと、そこから「今日もこのジュースを飲んで頑張らないと」と力を貰えて。そして、実際にここは“そういう場所”なんだ、とも思いました。細かい震災の話をした人だけじゃなく、この町に暮らしている人たちはみなさん、そういう経験をした人なんだろうな、と。

香取慎吾 撮影=鈴木久美子

香取慎吾 撮影=鈴木久美子

――西田さんが演じられた亜弓と恒松さんが演じられた美波は、石巻で育ったという背景を持っています。

西田:私はちょうど震災の年に、ドラマ2013年放送『ラジオ』)の撮影で女川に行ったことがありました。今回も、時間の空いているときに町にも行ってみたんですが、当時と今では全然違っていて、すごく復興が進んでいました。石巻は、女川よりは少し復興が遅れているような印象です。でも、町並みはすごくキレイで。ああいう出来事があっても、石巻の人たちは前向きに見えたというか……一緒にご飯を食べに行ったりしたときも、すごく良くしてくださいました。

恒松ラーメン屋さんに送り迎えしてくれましたよね。

西田:そう!送って下さって、すごく親切だったよね。「魚介のおいしいお店はないですか?」って聞いたら、居酒屋さんを紹介してくれました。お店に入ったら、そこでもサービスしてくださって。すごく良くしていただきました。

西田尚美 撮影=鈴木久美子

西田尚美 撮影=鈴木久美子

――ここ最近、痛ましい殺傷・殺人事件が相次いでいて、その加害者たちは社会から切り離され、孤立した人だったんじゃないか、という話があります。郁男も、ひょっとしたらそうなる可能性を持った人だと思いました。亜弓と美波は、そんな郁男に手を差し伸べ続けるのですが。みなさんは、郁男のような人に、手を差し伸べ続けるべきだと思いますか?

西田:難しいですね。私は、「しょうがないな」と思いながらも、手を差し伸べ続けるだろうな、と思います。そういう生き方しかできない人だったりするわけですから、「しょうがないな」と思うんですけど、そこで「だから、ダメ」と切り捨てられない。何が出来るかはわからないですけど、そばにいて話を聞いてあげるだけでも、全然違うんじゃないかと思います。私が演じた亜弓は、そんな人にお金まで与えてしまう役なんですけど(苦笑)。でも、やっぱり私は、そんな人を簡単に排除は出来ないです。

恒松:私も手を差し伸べると思います。でも、やっぱりその人に対する愛がないと出来ないな、とも思います。私が演じた美波は、郁男の良い面を誰よりも見ている子なので。悪い面をあまり見せられていないということもあって、人一倍、郁男の優しさや温かさを知っている女の子なんです。そのぶん、郁男に対する愛情もあるし、それが作品の救いにもなっているのかな、と思います。

恒松祐里 撮影=鈴木久美子

恒松祐里 撮影=鈴木久美子

――郁男はギャンブルと酒に依存し、あらゆる責任から逃れ、孤立していきます。そういうネガティブな一面に、香取さんご自身は共感する部分はありましたか?

香取:ありますよ。ぼくも、逃げたいですから。やっぱり、そんなに強い人間ではないので。強く生きている人でも、逃げたいことはあるだろうし、そういう一面は自分にもあるだろうな、と。

――郁男のような人が社会と繋がっていくために、どうするべきだと思われますか?

香取:ぼくは郁男を演じてみて、人の優しさが辛くて、痛いこともあるということが、初めてわかりました。自分も「優しくいたい」と思うほうではあるんですけど、優しさを向ければ向けるほど、その人が離れていってしまうこともあるんだ、と。本人からすれば、「ウザイ」という気持ちかもしれない。周りの人に「頑張れ」と言われても、「頑張っても上手くいかないんだよ」「頑張っても辛いんだよ」と、心の中で常に呟いてしまう。でも、その“優しさ”がなくなってしまったら……周りの人の声がなくなってしまったら、その人は本当に生きていけなくなってしまうんじゃないか。ちょっとずつでもいいので、ひとりでも多くの人があきらめずに優しさを与え続けることが、変わるきっかけになるんじゃないでしょうか。そう思うから、ぼくは人への優しさを持ち続けたいと思います。

左から、西田尚美、香取慎吾、恒松祐里 撮影=鈴木久美子

左から、西田尚美、香取慎吾、恒松祐里 撮影=鈴木久美子

『凪待ち』は6月28日(金)全国公開。

インタビュー・文=藤本洋輔 撮影=鈴木久美子

左から、西田尚美、香取慎吾、恒松祐里