KAT-TUN亀梨和也と女優・二階堂ふみダブル主演作「ストロベリーナイト・サーガ」(フジテレビ系)が6月20日最終回を迎えた。視聴率はいまいち振るわなかったが、作家・誉田哲也氏のベストセラー警察小説「姫川玲子シリーズ」のテレビドラマシリーズで、巡査部長の菊田和男を演じた亀梨の評判は悪くはなかった。主題歌で1stソロシングルRain」は、5月27日付の週間シングル・セールス・チャート「Billboard JAPAN Top Singles Sales」で初の首位を獲得。音楽セールスの強さを、改めて実証している。

 そんな亀梨がジャニーズJr.になったのは、およそ21年前。当時、ジャニー喜多川社長とこんなやりとりがあったという。

「10代のとき、車の雑誌を見ていた亀梨に、ジャニー社長が『YOU、熱心だね』と声をかけました。そして、『車は、若いうちにいいものに触れたほうが絶対いいよ。YOU、僕の車、乗っちゃいなよ』と、新車の高級車を貸してくれたというのです」(芸能記者)

 亀梨はサーフィンが趣味だったため、その高級車で仲間数人と海へ行った。サーフィンを終えて、海パンで砂まみれのまま愛車に乗り込み、汚れたままジャニー氏に返却した。

ジャニーさんは当然、『YOU、最悪!』と怒り心頭。でも、すぐに態度を変えて、『YOUは海から来たね。やっぱり、亀だね!』とダジャレで返したというのです。さすがは、ジャニーさん。懐が広すぎます」(前出・芸能記者)

 また、こんなこともあった。

 同じくJr.時代、当時の収入や貯金では到底買えないものがほしくて、載っているチラシを、リハーサルの合間ごとに眺めていた。すると、ジャニー氏が「YOU、どうしたの?それほしいの?」と話しかけてきた。「ほしいんだけど、さすがに払えないなぁ」と返すと、「買っちゃいなよ。最悪、お金が足りなかったら、渋谷駅靴磨きでもすればいいじゃん。それぐらいしてでも、ほしいんでしょ?」とジャニー氏。その言葉に背中を押されて、購入。ローンで支払い終えた。亀梨は、欲しいものがあれば、死に物狂いで働けばいいという教訓をジャニー氏から得たという。

 今春には、元メンバーの田口淳之介が法律違反の薬物所持で逮捕されるという憂き目に遭ったKAT-TUN。しかし、今のメンバー3人の絆に変わりはない。連ドラを終えた亀梨のソロ活動には、いつにも増して期待したい。

(北村ともこ

アサジョ