「本を聴ける」サービスAudibleより、オリジナルストーリースタン・リーアライアンス トリックオブライト(Stan Lee’s Alliances : A Trick of Light)」が、6月27日(木)より全世界で一斉配信。日本語版のナレーションを、声優の花澤香菜が担当することが分かった。

【写真を見る】真剣な表情で朗読する花澤香菜

トリックオブライト」は、2018年11月に亡くなった、アメリカンコミック界の巨匠スタン・リーの最後の共同プロジェクトのうちの一つ。

スタン・リーカットローゼンフィールドが共同執筆し、物語の世界観をスタン・リーおよび、ルーク・リバーマン、ライアンシルバートによって創り上げた、まったく新しい世界で繰り広げられる物語だ。

本作では、YouTuberとして有名になることが夢の青年キャメロンが、YouTubeの視聴数稼ぎのために嵐の中、エリー湖に向かうものの、雷に打たれ、サイバーキネティックというテクノロジーを自在に操る特別な能力を手に入れてしまう。

一方、 不思議な少女・ニアは、最先端のテクノロジーを駆使した装備を持つ父親に軟禁されていたところを、能力を得たキャメロンに救い出される。2人は恋に堕ちるのだが…というストーリー

今回日本語版のナレーションを務めた花澤と、スタン・リーの共同制作陣からコメントが届いた。

花澤香菜コメント

スタン・リーさんの作品は私も好きでしたので、まさか自分がこのような形で作品に関われてとてもうれしいです。

物語の世界観は、まったくのオリジナルで、難しい単語や想像力が必要な場面が多かったりして、結構複雑なのですが、演じていくうちに物語の世界に引き込まれすごく楽しい時間をすごせました。

皆さんにもぜひ楽しんでいただけたらと思います。収録で特に意識した点は物語の中で、さまざまなキャラクターが語り部として登場するのですが、そこを聴いている人も分かるように、意識して読みました。

この違いも感じて聴いていただけるとうれしいです。

■ 共同制作陣からのコメント

今作品について、スタン・リーAudibleでファンと新しい形でつなげる方法の1つとして考えていました。

ファンのみんな が「トリックオブライト」を聴いていく中で、それぞれでキャラクターを作り上げてほしい、いわば一緒にキャラクターを作り上げるという思いがスタンにも私たちにもありました。

みんなにはキャメロンにもニアにもなってほしい。そういう意味で私たちはキャラ クターを作りこみすぎないように注意しました。

音だけで聴くスタン・リーの世界は、とても没頭感あふれる新しい体験になると思います。 日本の皆さまがこの世界を体験することが待ちきれません。どうぞ楽しんでください。 (ザテレビジョン

花澤香菜が「トリックオブライト」のナレーションを担当する