南米最強国を決めるコパ・アメリカ

日本代表グループステージを突破した場合に準々決勝で対戦する可能性があったのは、ブラジルだ。

大会直前にネイマールが離脱したセレソンだが、ここまでは2勝1分。チームラッキーボーイになっているのは、エヴェルトン。

グレミオに所属する23歳のウィングは3試合で2ゴールマーク。ペルー戦で決めた一発も素晴らしい一撃だった(動画1分7秒~)。

うはっ!左からカットインしつつ、ボックス外からの強烈シュートでニアを打ち抜いたのだ。

思い切りの良さとシュートの精度と速さは圧巻。ボリビア戦でも同じような位置から叩き込んでおり、これは得意の形なのだろう。

ABS-CBN』によれば、チッチ監督は「個性がある」と評価しているほか、DFフィリペ・ルイスは「いますぐヨーロッパに行ける。常に正しい選択をしていて、正しいポジションにいる。それが大きな違いを生むのさ」と賞賛していたそう。

【関連記事】 ブラジル代表、凶悪すぎる「コパ・アメリカ不在ベスト11」

今後の試合でも要注目だ。

これが世界のシュート力!ブラジル代表の「地を這うレーザー弾」 がえぐい