町内会や自治会をめぐるトラブルは、何も大人にだけ起こるものではない。地域に住む子供たちが、不幸にも大人たちのゴタゴタに巻き込まれてしまう、そんなケースもあるようだ。

今回紹介するのは、大阪府に住む40代の男性・Hさんから寄せられた投稿だ。10代の頃のとある体験から、「町内会に入ることは一生ない」と心に決めているという彼。いったい、どんなトラブルに遭遇してしまったのだろうか。


ご近所中にウソを言いふらされて...

僕が19歳の時のことです。当時、親が町内会に入っていたんですが、ある日その町内会費の集金で女性(以下、Aさん)が自宅に来ました。

ですが、生憎その時は両親ともに留守で、家には僕しかいませんでした。

なので「すみません、今は僕しかいないので...」と伝えると、「立て替えておいてもらえませんか?」と言われました。

僕はその日に必要な金額しか財布に入れておかない主義でしたので、「持ち合わせがないのですみません」と断りました。

すると、「ほんまかいや!」と暴言を吐いて帰っていきました。

それからしばらくして親が帰ってくると、何やらすごい剣幕で僕を怒り出しました。事情を聞くと、さっき集金に来たAさんが、

「あのお宅に町内会費の集金に行ったら息子さんが出てきて『誰がそんなもん払うか!』って言われた」

と、根も葉もない出鱈目を近所中に触れ回っているというのです。

必死に親に説明して何とか誤解は解けましたが、相当な時間を要しました。

あれから数年、今は親元から離れて一人暮らしですが、町内会には一切入っていません。今後も町内会に入ることは一生ないでしょう。

あなたの「町内会トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「町内会トラブル」体験談を募集しています。公式ツイッターダイレクトメッセージ、またはメールtoko@j-town.net)で、具体的なエピソード500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

彼の身に何が...(画像はイメージ)