画像はYouTubeをキャプチャ

お笑いコンビキングコング」梶原雄太さんことYouTuber「カジサック」さんが6月25日、宮迫博之さん、お笑いコンビ2700」が出演している投稿動画を非公開にした理由についてYouTube生配信で語った

反社会的勢力主催の忘年会に出演して"闇営業"を行ったとして宮迫さん、「2700」八十島宏行さん・常道裕史さんら11人が無期限謹慎処分となった。これを受け、カジサックさんは「正直、どうしたらいいんだろう」と悩んだというが、

「今回、理由としては謹慎中の期間にカジサックチャンネルに露出し続けるのは、ちょっとどうなのかと思い、非公開にいたしました」

と話した。

2700のネタ"ホットヒーヒー"は「流そうと思います」

非公開について、「吉本、会社から『そうして欲しい』って言われてないです。カジサックの個人的な考え、チームカジサックのみんなと話し合った結果です。最後に決めたのは僕なんですけど」という。

「率直な気持ちで言うと残念です。けど、色んな意見があるんでね。本当に。視聴者さんの中からも『そのままでいいんじゃないか』とか『非公開にしたらいい』だったりとか。いろいろな意見があるんですけど、分かっていただきたいのはチーム、僕が決めたことなので今後変えることはないと思います」

また「2700」のネタである「ホットヒーヒー」についても言及した。カジサックさんの息子(通称:コジサック)が同ネタを好んで使用しており、その様子が動画に収められている。撮影が終わっている動画の中でも「ホットヒーヒー」を披露しているが、

「考えました。結果、コジサックがやるホットヒーヒーは流そうと思います」

コメントした。さらに「一番声を大にしていいたいのは、全て僕が決めたってことをお伝えしたい」と念を押し、「ただすごく残念な気持ちです」と心境を吐露した

「何も触れずに動画だけ非公開、というのが出来ない」

今回、YouTubeで非公開理由を明かしたことについて、コメントで「わざわざ生配信で説明しなくていいのでは」という声もあったという。しかし、「僕は説明したいんですよね、こうやってみなさんに」とコメント

「何も触れずにスルーして動画だけ非公開にしてっていうのが、ごめんなさい、出来ないんですよ。だから今日は率直な気持ちをお伝えしながら、そして納得いただけたらなと思います。気持ちよくみなさんに動画を見ていただきたいと思っていますので」

動画のコメント欄には、カジサックさんが動画で自身の考えを説明したことに対して、諸スアンの声が挙がった。「『僕が、決めました』ってちゃんと責任を自分に置いているところがかっこいい」という書き込みもある。

また「コジサックのやることに禁止はしてほしくなかったのでよかった」「コジサックのホットヒーヒー大好きだから嬉しい」など安堵する声も見られた。

今回の件について、お笑い芸人陣内智則さんがツイッターで「身から出た錆」としながらも、謹慎が解けた際には「皆さんが温かく迎えてもらえる時代である事を願います!」と身内贔屓ともとれるコメントして炎上した。

これに対し、謹慎処分を発表した翌日に生配信をしたカジサックさんを「多分こういう所がYouTube的にセンスあるんやと思う」と評価する人もいた。YouTuberは自分の裁量で動画を作成・公開できる分、難しいところもある。カジサックさんも度々炎上しているが、今回の対応については納得している人が多いようだ。