暴力団関係者の誕生会での“闇営業”が報じられたお笑いコンビスリムクラブについて、吉本興業は27日、真栄田賢(43)と内間政成(43)の両名を無期限謹慎処分とすることを発表した。

 発表によると、スリムクラブの2人は3年ほど前、知人の他事務所芸人を通じて誕生日パーティへの演芸提供の依頼を受け、参加したところ、その対価として一定の金銭を受領していたという。スリムクラブの2人は認識していなかったものの、このパーティには反社会的勢力が参加していたものと判断したということだ。

 お笑い芸人による“闇営業問題”をめぐっては、吉本興業雨上がり決死隊・宮迫博之ら11人の謹慎処分を発表。ワタナベエンターテインメントザブングルも謹慎処分となっていた。

スリムクラブ・真栄田賢コメント
 ファンの皆様、そして、僕と関係のある人たち全員に申し訳ない気持ちでいっぱいです。申し訳ございません。認識が甘く、このような形になってしまった事は、大変心苦しいです。謹慎して、その間に自分と向き合って、少しでも人の役に立てるよう頑張ります。この度は、誠に申し訳ございませんでした。

スリムクラブ・内間政成】
 この度は、自分の認識の甘さが原因で、軽率な行動をとってしまい、誠に申し訳ございませんでした。この謹慎で自分と向き合い、自分の生き方を堂々と話せる人間になりたいと思います。本当に申し訳ございませんでした。

AbemaTV/『AbemaNews』より)
 

吉本興業 11人に謹慎処分を発表 “闇営業”問題で

“闇営業”でスリムクラブに無期限謹慎処分 反社会的勢力のパーティで金銭受領