ファン投票で唯一選出者なしだった中日は高橋が選出

 日本野球機構NPB)は27日、「マイナビオールスターゲーム2019」の選手間投票の投票結果を発表した。24日にファン投票結果が発表となっており、この選手間投票で新たに選出されたのは、セ・リーグ3選手、パ・リーグ3選手の合わせて6選手となった。

 セ・リーグでは、一塁手DeNAホセ・ロペス内野手三塁手で中日の高橋周平内野手外野手では巨人の丸佳浩外野手が選出。投手の広島・大瀬良大地投手、捕手の阪神の梅野隆太郎捕手など、残る6人はファン投票結果と同じ選出者となった。

 パ・リーグではソフトバンクから三塁手松田宣浩内野手指名打者アルフレド・デスパイネ外野手が新たに選出。外野手日本ハム西川遥輝外野手も選ばれた。投手のソフトバンク千賀滉大投手や、ファン投票で最多得票だった西武・山川穂高内野手など、残る7選手はファン投票と同じ選出だった。

 選手間投票で最多の選出となったのはソフトバンクの4選手。松田宣、デスパイネに加え、ファン投票で選出されている千賀、遊撃手の今宮と4選手が選ばれた。これに続くのが西武で森、山川、秋山の3選手が選ばれた。

 最多得票はセ・リーグ遊撃手部門の巨人・坂本勇人内野手で583票を集めた。これにパ・リーグ二塁手部門の楽天・浅村栄斗内野手の490票、秋山の489票、山川の475票と続いていく。坂本勇は選手間投票で9度目の選出、松田宣は7度目となる。

 ファン投票では中日が唯一、選出がなかったが、選手間投票でセ・リーグ首位打者に立つ高橋が初選出。一方、選手間投票での選出者がいなかったのは、パ・リーグロッテのみだった。(Full-Count編集部)

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】