再起戦を飾ったゴロフキン、3度目の対戦へ機運が高まっていると見られていたが…

 ボクシングの元世界3団体ミドル級統一王者ゲンナジー・ゴロフキンカザフスタン)は今月8日(日本時間9日)に再起戦で勝利。3団体同級統一王者でカネロこと、サウルアルバレス(メキシコ)との3度目の対戦へ機運が高まっているが、迎え撃つ形となるカネロはほかの相手との対戦を望んでいると、米メディアが報じている。

 今月8日の再起戦でIBF世界ミドル級8位、WBC15位スティーブ・ロールス(カナダ)に4回2分9秒KO勝ち。貫録を見せつけたゴロフキンは試合後に「カネロへの準備はできている!」と呼びかけ、さらにファンからも3度目の再戦を望む声が上がっていた。

 だが、カネロにとってGGGは最優先する相手ではないようだ。米専門メディアボクシングニュース24」は「カネロはGGGとの3試合目に興味なし、カラムスミスもしくはコバレフを望む」の見出しで、両者の思惑の違いを伝えている。

 カネロは過去にゴロフキンと2度対戦し、1勝1分。ゴロフキンにとっては再浮上のために是が非でも戦いたい相手に違いないが、カネロにとってはそうではない。

GGGは最後の金儲けのため? 「ファンはそう考えている」

 記事では「メキシコスターであるカネロは、未だ必死に業績を残そうとする選手と戦い、自らのレガシーを築きたいと考えている。多くのファンはGGGが挑戦することをやめ、可能な限りカネロと戦うことでお金を得ようとしていると、考えている。カネロは3度目となるGGGとのファイトを望んでいない」とカネロサイドからの見解を示している。

 両者ともにスポーツチャンネル「DAZN」をプラットフォームとし、実現するなら巨額のファイトマネーとなることは間違いないが、カネロにとってはゴロフキンより、ほかにも対戦を望む相手候補がいる。

 同メディアはWBA世界スーパーミドル級スーパー王者のカラムスミス(英国)や、WBO世界ライトヘビー級セルゲイ・コバレフ(ロシア)をターゲットにしていると伝えている。

 両雄の3度目の対決は実現するのか。そのカギを握るのはカネロサイドであることは間違いなさそうだ。(THE ANSWER編集部)

サウル・“カネロ”・アルバレス【写真:Getty Images】